事代主神

名前
  • 事代主神【日本書紀,古事記】ぬし)事代主神
  • 事代主【日本書紀】ぬし)
  • 玉籤入彥嚴之事代神【日本書紀】(たまくしいりいつ)玉籤入彦厳之事代神
  • 事代主尊【日本書紀】ぬし
  • 八重言代主神【古事記】(やえことしろぬしのかみ, やぬし)八重言代主神
  • 八重事代主神【古事記】(やえことしろぬしのかみ, やぬし)八重事代主神
  • 都味齒八重事代主神【先代旧事本紀】(つみはやえことしろぬしのかみ, つはやぬし)都味歯八重事代主神
  • 天事代主命【新撰姓氏録抄】(あぬし, あまぬし
  • 天乃八重事代主神【新撰姓氏録抄】(あめのやえことしろぬしのかみ, あぬし, あまのやえことしろぬしのかみ, あまぬし)天乃八重事代主神
  • 積羽八重事代主命【新撰姓氏録抄】(つみはやえことしろぬしのみこと, つはやぬし)積羽八重事代主命
キーワード
  • 後裔は大和国飛鳥直(あすかのあたい)・大和国長柄首(ながえのおびと)・和泉国長公(ながのきみ)【新撰姓氏録抄 当サイトまとめ】
性別
男神
  • 大国主神おおくにぬしのかみ【日本書紀 巻第二 神代下第九段, 古事記 上巻, 先代旧事本紀 巻第四 地祇本紀】
  • 神屋楯比売命かむやたてひめのみこと【古事記 上巻】
    • 高津姫神たかつひめのかみ【先代旧事本紀 巻第四 地祇本紀】
先祖
  1. 大国主神
    1. 天之冬衣神
      1. 淤美豆奴神
      2. 布帝耳神
    2. 刺国若比売
      1. 刺国大神
  2. 神屋楯比売命
配偶者
  • 玉櫛媛たまくしひめ【日本書紀 巻第三 神武天皇即位前紀 庚申年八月戊辰条】
  • 鴨王かものきみ【日本書紀 巻第四 懿徳天皇即位前紀】
  • 媛蹈鞴五十鈴媛命ひめたたらいすずひめのみこと【日本書紀 巻第三 神武天皇即位前紀 庚申年八月戊辰条】【母:玉櫛媛たまくしひめ
  • 五十鈴依媛命いすずよりひめのみこと【日本書紀 巻第四 安寧天皇即位前紀】
出来事
  • 事代主神は出雲国の三穂(みほ)の崎で釣りを楽しんでいた。あるいは、鳥射ちを楽しんでいたともいう。
    そこに高皇産霊尊の勅を受けた大己貴神が、稲背脛熊野諸手船(くまののもろたふね)、またの名は天鴿船(あめのはとぶね)に乗せて返答の言葉を事代主神に尋ねた。
    事代主神は使者に「天神が仰せになるのです。父はお去りになるのが宜しいでしょう。私もまた違えることはしません」と言った。
    そして海中に八重蒼柴籬(やえのあおふしかき)を造り、船の側板を渡って去った。

    【日本書紀 巻第二 神代下第九段】
    • 三津の碕にて鳥を射て遊んでいるときに、父の大己貴神の使いが来て尋ねられたことに対し、「天神のお求めになる所を、どうして奉らぬことが出来ましょう」と答えた。

      【日本書紀 巻第二 神代下第九段 一書第一】
    • 経津主神岐神を先導とし、巡り歩いて平定した。逆らう者がいれば斬り殺した。帰順する者には褒美を与えた。
      この時帰順した首長は、大物主神と事代主神である。

      【日本書紀 巻第二 神代下第九段 一書第二】
    • 父の大国主神に「畏まりました。この国は天神の御子に奉りましょう」と言って、その船を踏み傾け、天の逆手を打って青柴垣に変えて隠れた。

      【古事記 上巻】
    • 天照大神高皇産霊神は、天津彦尊豊葦原中国(とよあしはらのなかつくに)の主として降らせたいと思い、経津主神武甕槌神を遣わして、平定させた。
      大己貴神及びその子である事代主神は、共に譲り渡し、国を平らげた矛を二神に授け、「私はこの矛で、遂に事を成すことができた。天孫がもしこの矛を用いて国を治めれば、必ずや平安となるでしょう。今、私は冥界にこもりましょう」と言った。言い終わると遂に去っていった。

      【古語拾遺 神代段】
    • 倭国の高市郡(たけちのこおり)高市社(たけちのやしろ)に鎮座している。または甘南備(かんなび)飛鳥社(あすかのやしろ)という。

      【先代旧事本紀 巻第四 地祇本紀】
  • 三島溝橛耳神の女の玉櫛媛を娶り、媛蹈鞴五十鈴媛命が生まれる。

    【日本書紀 巻第三 神武天皇即位前紀 庚申年八月戊辰条】
    • 事代主神は八尋熊鰐(やひろわに)になって、三島溝樴姫(あるいは玉櫛姫という)の所へ通ったという。そして生まれた子は姫蹈鞴五十鈴姫命。これは神日本磐余彦火火出見天皇の后である。

      【日本書紀 巻第一 神代上第八段 一書第六】
    • 八尋熊鰐(やひろのくまわに)となり、三島溝杭の娘の活玉依姫に通い、一男一女を生んだ。
      子の天日方奇日方命。この命は橿原朝(かしはらのみかど)の御世に勅を受け、申食国政大夫となって仕えた。
      妹の姫蹈韛五十鈴命。この命は葛城高丘朝(かつらきのたかおかのみかど)に立てて皇后とし、一児が誕生した。
      次に妹の五十鈴依姫命。この命は葛城高丘朝(かつらきのたかおかのみかど)に立てて皇后とし、一児が誕生した。

      【先代旧事本紀 巻第四 地祇本紀】
  • 神武天皇は皇天二組の詔に従って神籬(ひもろき)を建てた。
    高皇産霊神産霊魂留産霊生産霊足産霊大宮売神・事代主神・御膳神。以上の神は、今は御巫(みかんなぎ)が斎い奉っている。

    【古語拾遺 神武天皇段】
  • 神武天皇元年1月1日

    娘の媛蹈鞴五十鈴媛命神武天皇の皇后となる。

    【日本書紀 巻第三 神武天皇元年正月庚辰朔条】
  • 綏靖天皇2年1月

    娘の五十鈴依媛命綏靖天皇の皇后となる。

    【日本書紀 巻第四 綏靖天皇二年正月条】
  • 仲哀天皇9年3月1日

    神功皇后が、仲哀天皇に教えた神の名を伺った際に、神が答えて「天に事代、虚に事代、玉籤入彦厳之事代神がいる」と。

    【日本書紀 巻第九 神功皇后摂政前紀 仲哀天皇九年三月壬申朔条】
  • 神功皇后摂政元年2月

    神功皇后難波(なにわ)に向かう途中、船は海中で廻って進めなくなったので、帰って務古水門(むこのみなと)で占った。
    事代主尊が教えて言うには「我が御心を長田国(ながたのくに)に祀りなさい」と。
    そこで長媛に祭らせた。

    【日本書紀 巻第九 神功皇后摂政元年二月条】
関連
  • 同一神?:天辞代命あめのことしろのみこと