名前
  • 稻背脛【日本書紀】(いなせは)稲背脛
  • 稻背脚【先代旧事本紀】(いなせは)稲背脚
出来事
  • 高皇産霊尊に葦原中国の統治を譲るよう催促された大己貴神が、子の事代主神の意見を聞く使者として、熊野諸手船(くまののもろたふね)、またの名は天鴿船(あめのはとぶね)に乗せられて派遣される。

    【日本書紀 巻第二 神代下第九段】