活玉依媛

名前
  • 活玉依媛【日本書紀】(いくたま
  • 活玉依毘賣【古事記】(いくたま)活玉依毘売
  • 活玉依姬【先代旧事本紀】(いくたま)活玉依姫
  • 陶津耳すえつみみ古事記も同様。【日本書紀 巻第五 崇神天皇七年八月己酉条】
先祖
  1. 陶津耳
配偶者
  • 大物主神おおものぬしのかみ【日本書紀 巻第五 崇神天皇七年八月己酉条】
  • 大田田根子おおたたねこ古事記では子孫にあたるが、子ではない。【日本書紀 巻第五 崇神天皇七年八月己酉条】【父:大物主大神おおものぬしのおおかみ
    • 櫛御方命くしみかたのみこと【古事記 中巻 崇神天皇段】【父:大物主大神おおものぬしのおおかみ
子孫
  1. 大田田根子
    1. 大御気持命
      1. 大鴨積命
      2. 大三輪大友主
      3. 田田彦命
出来事
  • 活玉依毘売は容姿が端正だった。ここに姿形は威厳があって比類無い壮夫がいて、夜中に突然やって来た。そして相愛して共に住んだ。
    まだ時日も経たないのにその美人は身ごもった。父母はその妊娠を怪しんで(むすめ)に言うには「おまえは身ごもっているようだが、夫がいないのにどのようにして身ごもったのだ」と。答えて「麗美な壮夫がいました。その姓名は知りませんが、毎晩やって来て、共に住む間に自然と身ごもりました」と。
    父母はその人を知りたいと思い、女に「赤土を床の前に散らし、糸巻に巻いた麻糸を針に通して、その衣の裾に刺しなさい」と言った。教えの通りにして翌朝見ると、針をつけた麻糸は戸の鍵穴を通って出ていた。残る麻糸は三勾(みわ)三巻きのみだった。それで鍵穴から出たことを知り、糸をたどって尋ねて行った。
    美和山に至り、神の社で留まっていた。

    【古事記 中巻 崇神天皇段】
    • 大己貴神天羽車大鷲(あめのはぐるまのおおわし)に乗って、妻を求めて茅渟県(ちぬのあがた)に降って行き、大陶祇の娘の活玉依姫を妻として娶った。人に知られずに密かに往来する間に女は身ごもった。父母は疑い怪しんで「誰か来ているのか」と問うた。娘は「神人がお見えになります。屋上から下り入って来られて、共に横になるだけです」と答えた。
      父母は急いで察かにしたいと思い、麻を紡いで(へそ)を作り、針を神人の裳裾にかけた。
      翌朝に糸をたどってみた。鍵穴を超え、茅渟山(ちぬのやま)を経て、吉野山(よしののやま)に入り、三諸山(みもろのやま)に留まった。まさに大神であることを知った。その綜の跡を見ると三つの輪があった。三輪山(みわやま)と名付けて、大山輪神社(おおみわのかみのやしろ)という。

      【先代旧事本紀 巻第四 地祇本紀】
関連