名前
  • 三穗津姬【日本書紀】ほつ)三穂津姫
  • 三穗津姬命【先代旧事本紀】ほつ)三穂津姫命
  • 高皇産霊尊たかみむすひのみこと【日本書紀 巻第二 神代下第九段 一書第二】
先祖
  1. 高皇産霊尊
配偶者
  • 大物主神おおものぬしのかみ【日本書紀 巻第二 神代下第九段 一書第二】
出来事
  • 高皇産霊尊大物主神に「お前がもし国神を妻とするなら、私はお前が親しい心ではないと思う。そこで私の娘の三穂津姫をお前の妻にしよう。八十万神を率いて、永く皇孫の為に護り奉れ」と勅して、還り降らせた。

    【日本書紀 巻第二 神代下第九段 一書第二】