名前
  • 衝立船戶神【古事記】(つたつふな, つたちふな)衝立船戸神
  • 船戶神【古事記】(ふな)船戸神
  • 岐神【日本書紀】ふな岐神。此云布那斗能加微。)岐神
  • 來名戶之祖神【日本書紀】くなさえ現在は"遮る"を"さへぎる"ではないとするのが通説。)来名戸之祖神
  • 來名戶神【先代旧事本紀】(くな)来名戸神
出来事
  • 黄泉国から帰ってきた伊邪那岐命が「私は何と嫌な穢れた国にいたのだ。我が身を清める禊をしよう」と言って、竺紫(つくし)日向(ひむか)(たちばな)小門(おど)阿波岐原(あわきはら)に行って禊祓をした際に、投げ棄てた杖から化生する。

    【古事記 上巻】
    • 泉津平坂(よもつひらさか)伊奘諾尊が投げた杖から化生する。

      【日本書紀 巻第一 神代上第五段 一書第六】
    • 伊奘諾尊は追ってきた八色の(いかずち)を追い払い、その杖を投げて、「ここからこちらへは、雷は来ることは出来ない」と言った。これを岐神という。これの元々の名は来名戸之祖神という。

      【日本書紀 巻第一 神代上第五段 一書第九】
  • 帰順した大己貴神の薦めで、葦原中国平定の先導役となる。

    【日本書紀 巻第二 神代下第九段 一書第二】
関連