道俣神

名前
  • 道俣神【古事記】(ちまた)道俣神
  • 道股神校異【古事記】(ちまた)道股神
出来事
  • 黄泉国から帰ってきた伊邪那岐命が「私は何と嫌な穢れた国にいたのだ。我が身を清める禊をしよう」と言って、竺紫(つくし)日向(ひむか)(たちばな)小門(おど)阿波岐原(あわきはら)に行って禊祓をした際に、投げ棄てた褌から化生する。

    【古事記 上巻】
関連