名前
  • 神產巢日神【古事記】(かむす, かむす)神産巣日神
  • 神皇產靈尊【日本書紀,先代旧事本紀】(かんみむすひのみこと, かむむす)神皇産霊尊
  • 神產靈神【古語拾遺】(かむす)神産霊神
  • 神留彌命【古語拾遺】(かむる)神留弥命
  • 皇親神留彌命【古語拾遺】(すむつかむる)皇親神留弥命
  • 神產靈【古語拾遺】(かむす)神産霊
  • 神魂尊【先代旧事本紀】(かむす)神魂尊
  • 神產巢日御祖命【古事記】(かむすおや)神産巣日御祖命
  • 神產巢日之命【古事記】(かむす)神産巣日之命
  • 神皇產靈御祖尊【先代旧事本紀】(かんみむすひのみおやのみこと, かむむすおや)神皇産霊御祖尊
  • 神皇產靈神【先代旧事本紀】(かんみむすひのかみ, かむむす)神皇産霊神
  • 神魂命【新撰姓氏録,先代旧事本紀】(かむす)神魂命
  • 神御魂命【新撰姓氏録】(かんみむすひのみこと, かむむす
  • 神皇產靈命【先代旧事本紀】(かんみむすひのみこと, かむむす)神皇産霊命
キーワード
  • 天地開闢
  • 天児屋命あめのこやねのみこと【古語拾遺 神代段】
  • 天御食持命あめのみけもちのみこと御食持命みけもちのみこと【先代旧事本紀 巻第一 神代系紀, 新撰姓氏録 第二帙 第二十巻 和泉国神別 天神 紀直条】
  • 天道根命あめのみちねのみこと国造本紀では五世孫とする。【先代旧事本紀 巻第一 神代系紀】
  • 天神魂命あめのかみたまのみこと【先代旧事本紀 巻第一 神代系紀】
  • 生魂命いくむすひのみこと【先代旧事本紀 巻第一 神代系紀】
  • 少名毘古那神すくなびこなのかみ日本書紀の一書ではタカミムスヒの子。【古事記 上巻】
  • ・・・
    • 栲幡千幡姫たくはたちはたひめ【日本書紀 巻第二 神代下第九段 一書第七 一云】
  • 多久都玉命たくつたまのみこと【新撰姓氏録 第二帙 第十二巻 左京神別中 天神 爪工連条】
  • 角凝魂命つのこりむすひのみこと【新撰姓氏録 第二帙 第十六巻 山城国神別 天神 税部条】
  • 天石都倭居命あめのいわとわけのみこと【新撰姓氏録 第二帙 第十九巻 河内国神別 天神 多米連条】
子孫
  1. 天児屋命
  2. 御食持命
  3. 天道根命
  4. 天神魂命
  5. 生産霊
  6. 少名毘古那神
  7. 多久都玉命
  8. 角凝命
    1. 伊佐布魂命
  9. 天石門別神
称号・栄典とても広〜い意味です。
  • 別天神ことあまつかみ【古事記 上巻】
出来事
  • 高天原に独神として生まれ、身を隠した。別天神という。

    【古事記 上巻】
    • 天地が初めて分かれたときに、高天原に三番目に誕生する。

      【日本書紀 巻第一 神代上第一段 一書第四】
    • 天地が分かれる初め、天の中に三番目に誕生する。

      【古語拾遺 神代段】
    • 神世七代の七代目として並んで誕生した伊奘諾尊伊奘冉尊とは別に、同じ七代目として、また独化天神第六世の神として誕生する。

      【先代旧事本紀 巻第一 神代系紀】
  • 速須佐之男命に殺された大宜津比売神の頭から蚕が生じ、二つの目に稲が生じ、二つの耳に粟が生じ、鼻に小豆が生じ、陰部に麦が生じ、尻に大豆が生じていたので、これを取らせて種と成した。

    【古事記 上巻】
  • 大穴牟遅神が兄弟神に殺されたことを聞き、𧏛貝比売蛤貝比売を遣わして復活させる。

    【古事記 上巻】
  • 大国主神出雲(いずも)御大(みほ)の岬にいたとき、波頭から天之羅摩船(あめのかかみぶね)に乗り、鵝の皮を丸剥ぎに剥いで衣服にして、やって来る神がいた。そこで、その名を尋ねてみたが、答えは無かった。また付き従う諸神にも尋ねたが、皆「知りません」と言った。
    すると蟾蜍(たにぐく)ヒキガエル。が「この者はきっと久延毘古が知っている」と言ったので、すぐに久延毘古を呼んで尋ねると、「この者は神産巣日神の御子で少名毘古那神でございます」と答えた。
    それでこのことを神産巣日御祖命に尋ねると、答えて、「これは本当に私の子です。子の中で、私の手の股から漏れた子です。だからお前は、葦原色許男命大国主神の別名。と兄弟となって、その国を作り固めなさい」と言った。
    それで大穴牟遅大国主神の別名。少名毘古那の二柱の神は共に並んで、この国を作り固めた。

    【古事記 上巻】
    • 大己貴神の国は平和だった。出雲国の御大御前(みほのみさき)に行って飲食しようとした時、海上から急に人の声が聞こえた。驚いて探してみたが何も無かった。
      時に浪の穂から天蘿摩船(あめのかがみのふね)に乗った一人の小男がやって来た。白蘞(かがみ)の皮を用いて船とし、鷦鷯(さざき)ミソサザイの古名。の羽を用いて衣とし(また(ひむし)ガチョウとする説。蛾とする説があるが、私見ではガチョウだと思う。の皮を内剥ぎに剝いで衣服という)、潮水に従って浮かびながら大己貴命の所にやって来た。取って掌の中に置いて(もてあそ)んだ。すると跳びはねて頰を噛んだ。その様子を怪しんで、その名を尋ねたみたが答えは無かった。従っていた諸神に尋ねてみても、知る者はいなかった。
      すると多邇且久(たにぐく)ヒキガエルの古名。且は具の誤りか。が「この者を久延彦ならきっと知っています」と言った。
      すぐに久延彦を呼んで尋ねてみると、「この者は神皇産霊神の御子少彦名神でございます」と答えた。
      それで天神に尋ね、神皇産霊尊が聞いて言うには「私が産んだ子はおよそ千五百いるが、その中の一子はとても悪く、教えにも従わず、指の間から漏れ落ちた。きっと彼であろう。そこでお前葦原色男の兄弟として、愛し養ってくれ」と言った。これが少彦名命である。

      【先代旧事本紀 巻第四 地祇本紀】
  • 神武天皇は皇天二組の詔に従って神籬(ひもろき)を建てた。
    高皇産霊・神産霊・魂留産霊生産霊足産霊大宮売神事代主神御膳神。以上の神は、今は御巫(みかんなぎ)が斎い奉っている。

    【古語拾遺 神武天皇段】
関連
  • 孫:天明玉命あめのあかるたまのみこと【新撰姓氏録 第二帙 第十四巻 右京神別上 天神 玉作連条】
  • 孫:鴨建津之身命かもたけつのみのみこと【新撰姓氏録 第二帙 第十六巻 山城国神別 天神 賀茂県主条】
  • 五世孫神代系紀では子とする。:天道根命あめのみちねのみこと【先代旧事本紀 巻第十 国造本紀 紀伊国造条, 新撰姓氏録 第二帙 第十五巻 右京神別下 天孫 滋野宿禰条】
  • 五世孫:玉櫛比古命たまくしひこのみこと【新撰姓氏録 第二帙 第十二巻 左京神別中 天神 間人宿禰条】
  • 五世孫:阿麻乃西乎乃命あまのせおのみこと【新撰姓氏録 第二帙 第十六巻 山城国神別 天神 今木連条】
  • 五世孫または七世孫:天日和志命あめのひわしのみこと天日鷲命あめのひわしのみこと【新撰姓氏録 第二帙 第十二巻 左京神別中 天神 多米連条, 新撰姓氏録 第二帙 第十四巻 右京神別上 天神 天語連条】
  • 五世孫:大広目命おおひろめのみこと【新撰姓氏録 第二帙 第十九巻 河内国神別 天神 城原条】
  • 五世孫:生玉兄日子命いくたまえひこのみこと【新撰姓氏録 第二帙 第二十巻 和泉国神別 天神 神直条】
  • 七世孫:佐紀足尼さきのすくね【先代旧事本紀 巻第十 国造本紀 大伯国造条】
  • 七世孫:天筒草命あめつつくさのみこと【新撰姓氏録 第二帙 第十五巻 右京神別下 天神 若倭部連条】
  • 八世孫校異:六世孫:阿居太都命あけたつのみこと【新撰姓氏録 第二帙 第十二巻 左京神別中 天神 県犬養宿禰条】
  • 八世孫:味日命うましひのみこと【新撰姓氏録 第二帙 第十四巻 右京神別上 天神 久米直条】
  • 八世孫:天津麻良命あまつまらのみこと【新撰姓氏録 第二帙 第二十巻 和泉国神別 天神 大庭造条】
  • 九世孫:矢口足尼やくちのすくね【先代旧事本紀 巻第十 国造本紀 淡道国造条】
  • 十世孫:明石彦あかしひこ【先代旧事本紀 巻第十 国造本紀 吉備中県国造条】
  • 十世孫:味波波命うましははのみこと【先代旧事本紀 巻第十 国造本紀 阿武国造条】
  • 十一世孫校異:十世孫:天御行命あめのみゆきのみこと【新撰姓氏録 第二帙 第十四巻 右京神別上 天神 屋連条】
  • 十二世孫:大足尼おおのすくね【新撰姓氏録 第二帙 第十八巻 摂津国神別 天神 目色部真時条】
  • 十三世孫:伊与主命いよぬしのみこと【先代旧事本紀 巻第十 国造本紀 久味国造条】
  • 十三世孫:建島松命たけしままつのみこと【先代旧事本紀 巻第十 国造本紀 天草国造条】
  • 十三世孫:八束脛命やつかはぎのみこと【新撰姓氏録 第二帙 第十二巻 左京神別中 天神 竹田連条】
  • 十三世孫:意富支閉連公おおきへのむらじきみ【新撰姓氏録 第二帙 第十四巻 右京神別上 天神 波多門部造条】
  • 十六世孫:建日穂命たけひほのみこと【新撰姓氏録 第二帙 第十四巻 右京神別上 天神 三島宿禰条】
  • 十九世孫:田根連たねのむらじ【新撰姓氏録 第二帙 第十八巻 摂津国神別 天神 犬養条】
  • 二十二世孫:意保止命おおとのみこと【新撰姓氏録 第二帙 第十七巻 大和国神別 天神 多米宿禰条】
  • 子孫:大味宿禰おおあじのすくね【新撰姓氏録 第二帙 第十七巻 大和国神別 天神 委文宿禰条】