名前
  • 天津麻羅【古事記】(あまつまら)
  • 天津眞浦【先代旧事本紀】(あまつまうら)天津真浦
  • 天津麻良【先代旧事本紀】(あまつまら)
  • 天津麻占【先代旧事本紀】(あまつまら, あまつまうら)
  • 倭鍛部天津眞浦【日本書紀】(やまかぬちあまつまうら)倭鍛部天津真浦
  • 天津麻良命【新撰姓氏録】(あまつまら
キーワード
  • 物部造(もののべのみやつこ)等祖天津麻良【先代旧事本紀 巻第三 天神本紀】
  • 倭鍛師(やまとのかぬち)等祖天津真浦【先代旧事本紀 巻第三 天神本紀】
  • 笠縫(かさぬい)等祖天津麻占【先代旧事本紀 巻第三 天神本紀】
  • 後裔は和泉国大庭造(おおにわのみやつこ)【新撰姓氏録 当サイトまとめ】
生年月日
( ~ 己卯年11月29日)
没年月日
(己卯年11月1日 ~ )
称号・栄典とても広〜い意味です。
  • 五部人いつとものひと【先代旧事本紀 巻第三 天神本紀】
出来事
  • 天照大御神天石屋(あめのいわや)にこもった際に、思金神は常世の長鳴鳥を集めて鳴かせ、天安河の河上の天堅石(あめのかたしわ)を取り、天金山(あめのかなやま)の鉄を取り、鍛冶職人の天津麻羅を探し、伊斯許理度売命に命じて鏡を作らせた。

    【古事記 上巻】
  • ・・・
  • 己卯年11月

    神渟名川耳尊の命令で鏃を造る。

    【日本書紀 巻第四 綏靖天皇即位前紀 己卯年十一月条】
関連
  • 八世祖:神魂命かみむすひのみこと【新撰姓氏録 第二帙 第二十巻 和泉国神別 天神 大庭造条】