栲幡千千姫

名前
  • 栲幡千千姬【日本書紀】(たくはたちぢ)栲幡千千姫
  • 萬幡豐秋津媛命【日本書紀】(よろずはたとよあきつひめのみこと, づはた)万幡豊秋津媛命
  • 万幡姫【日本書紀】(よろずはたひめ, づはた
  • 栲幡千千姬萬幡姬命栲幡千千姫の子の万幡姫命と書きたかったのかもしれない。【日本書紀】(たくはたちぢひめよろずはたひめのみこと, たくはたちぢづはた)栲幡千千姫万幡姫命
  • 千千姬命【日本書紀】(ちぢ)千千姫命
  • 天萬栲幡千幡姬【日本書紀】(あまよろずたくはたちはたひめ, あまづたくはたちはた)天万栲幡千幡姫
  • 栲幡千幡姬【日本書紀】(たくはたちはた)栲幡千幡姫
  • 萬幡豐秋津師比賣命【古事記】(よろずはたとよあきつしひめのみこと, づはたつし)万幡豊秋津師比売命
  • 栲幡千千姬命【古語拾遺】(たくはたちぢ)栲幡千千姫命
  • 萬幡豐秋津師姬栲幡千千姬命【先代旧事本紀】(よろずはたとよあきつしひめたくはたちぢひめのみこと, づはたつしたくはたちぢ)万幡豊秋津師姫栲幡千千姫命
  • 萬幡豐秋津師姬命【先代旧事本紀】(よろずはたとよあきつしひめのみこと, づはたつし)万幡豊秋津師姫命
性別
女神
  • 高皇産霊尊たかみむすひのみこと【日本書紀 巻第二 神代下第九段】
    • 神皇産霊尊かんみむすひのみこと【日本書紀 巻第二 神代下第九段 一書第七 一云】
  • ・・・
    • 火之戸幡姫ほのとはたひめ【日本書紀 巻第二 神代下第九段 一書第六 亦云】
先祖
  1. 高皇産霊尊
配偶者
出来事