蛤貝比売

名前
  • 蛤貝比賣【古事記】(うむがいひめ, うむが, うむぎ)蛤貝比売
  • 蛤貝姬命【先代旧事本紀】(うむかいひめのみこと, うむか)蛤貝姫命
  • 蛤貝姬【先代旧事本紀】(うむかいひめ, うむか)蛤貝姫
性別
女神
出来事
  • 神産巣日之命に命じられて、𧏛貝比売と共に、兄弟神に殺された大穴牟遅神を復活させた。
    𧏛貝比売は身を削り集めた。蛤貝比売は待ち受けて、母乳と合わせた汁を塗ると赤貝を削って蛤の汁に溶いたものを意味するか。、立派な男子になって出て行った。

    【古事記 上巻】