名前
  • 湍津姬【日本書紀】(た)湍津姫
  • 湍津姬命【日本書紀】(た)湍津姫命
  • 多岐都比賣命【古事記】(た)多岐都比売命
  • 田寸津比賣命【古事記】(た)田寸津比売命
  • 湍津嶋姬命【先代旧事本紀】(たつしま)湍津島姫命
  • 邊津嶋姬命【先代旧事本紀】つしま)辺津島姫命
  • 多岐都姬命【先代旧事本紀】(たつしま)多岐都姫命
  • 高津姬神【先代旧事本紀】(たかつ)高津姫神
キーワード
  • 筑紫胸肩君等所祭神【日本書紀 巻第一 神代上第六段】
    • 筑紫水沼君等祭神【日本書紀 巻第一 神代上第六段 一書第三】
    • 胸形君等之以伊都久三前大神【古事記 上巻】
  • 素戔嗚尊すさのおのみこと生んだのは天照大神だが、素戔嗚尊の十握剣を使用して生まれたので、素戔嗚尊の子としている。【日本書紀 巻第一 神代上第六段】
先祖
  1. 素戔嗚尊
    1. 伊奘諾尊
    2. 伊奘冉尊
  2. unknown
配偶者
  • 大国主神おおくにぬしのかみ【先代旧事本紀 巻第四 地祇本紀】
子孫
  1. 事代主神
    1. 鴨王
      1. 渟名底仲媛命
      2. 飯肩巣見命
    2. 媛蹈鞴五十鈴媛命
      1. 神八井耳命
      2. 綏靖天皇
    3. 五十鈴依媛命
      1. 安寧天皇
  2. 高照光姫大神命
称号・栄典とても広〜い意味です。
  • 道主貴みちぬしのむち【日本書紀 巻第一 神代上第六段 一書第三】
出来事
  • 天照大神が、素戔嗚尊十握剣(とつかのつるぎ)を三つに折り、天真名井(あめのまない)に濯いで、カリカリと噛んで吹き出した息吹の細かい霧から生まれる。
    十握剣は、素戔嗚尊から借りた物なので、素戔嗚尊の子とした。

    【日本書紀 巻第一 神代上第六段】
    • 日神が帯びていた九握剣(ここのつかのつるぎ)を食べた際に生まれる。

      日神瀛津島姫・湍津姫・田心姫の三女の神を筑紫洲(つくしのくに)に降らせて、「お前たち三神は道の途中に降りて天孫を助け奉り、天孫の為にお祭りせよ」と教えた。

      【日本書紀 巻第一 神代上第六段 一書第一】
    • 天照大神が、天真名井(あめのまない)に浮かべた八坂瓊(やさかに)曲玉(まがたま)の端を食い切り、吹き出した息吹の中から生まれる。
      これは海浜(へつみや)にいる神である。

      【日本書紀 巻第一 神代上第六段 一書第二】
    • 日神が、九握剣(ここのつかのつるぎ)を食べた際に生まれる。

      日神の命令で、瀛津島姫命・湍津姫命・田霧姫命の三女の神は、葦原中国(あしはらのなかつくに)宇佐島(うさじま)に降され、今は海の北の道の中にいる。

      【日本書紀 巻第一 神代上第六段 一書第三】
    • 天照大御神が、建速須佐之男命が佩く十拳剣(とつかのつるぎ)を受け取って三つに折り、触れ合う音を出しながら天之真名井(あめのまない)に振り濯ぎ、嚙みに嚙んで吐き出す息吹の霧から生まれる。

      胸形(むなかた)辺津宮(へつみや)に鎮座している。

      【古事記 上巻】
    • 九握剣(ここのつかのつるぎ)を嚙んで吹き出した息吹の霧の中から生まれる。
      海浜(へつみや)に居る。

      【先代旧事本紀 巻第二 神祇本紀】