名前
  • 漢風諡号:仁賢天皇(にんけんてんのう, にんけんてんわう)
  • 和風諡号:億計天皇【日本書紀】(お
  • 億計王【日本書紀】(お
  • 億計【日本書紀】(お
  • 嶋稚子【日本書紀】(しまわく)島稚子
  • 大石尊【日本書紀】(おおしのみこと, おほし
  • 意富祁王【古事記】(おおけのみこ, おほ
  • 意祁王【古事記】(お
  • 意富祁命【古事記】(おおけのみこと, おほ
  • 意祁命【古事記】(お
  • 德計校異【先代旧事本紀】徳計
  • 諱:大脚【日本書紀】(おおし, おほし)
  • 大爲【日本書紀】(おおす, おほす)大為
  • 字:嶋郞【日本書紀】(しまいらつ)島郎
  • 石上廣高宮御宇天皇【先代旧事本紀】(いたかやにあしたしししす)石上広高宮御宇天皇
  • 意富祁天皇【古事記】(おおけのすめらみこと, おほ
生年月日
( ~ 安康天皇3年10月29日)
没年月日
仁賢天皇11年8月8日
  • 市辺押磐皇子いちのへのおしわのみこ【日本書紀 巻第十五 顕宗天皇即位前紀】
  • 荑媛はえひめ【日本書紀 巻第十五 顕宗天皇即位前紀】
先祖
  1. 市辺押磐皇子
    1. 履中天皇
      1. 仁徳天皇
      2. 磐之媛命
    2. 黒媛
      1. 葦田宿禰
      2. unknown
  2. 荑媛
    1. 蟻臣
      1. 葦田宿禰
      2. unknown
配偶者
  • 春日大娘皇女かすがのおおいらつめのひめみこ【日本書紀 巻第十五 仁賢天皇元年二月壬子条】
  • 糠君娘あらきみのいらつめ【日本書紀 巻第十五 仁賢天皇元年二月壬子条】
  • 高橋大娘皇女たかはしのおおいらつめのひめみこ高木郎女たかぎのいらつめ【日本書紀 巻第十五 仁賢天皇元年二月壬子条, 古事記 下巻 仁賢天皇段】【母:春日大娘皇女かすがのおおいらつめのひめみこ
  • 朝嬬皇女あさつまのひめみこ財郎女たからのいらつめ【日本書紀 巻第十五 仁賢天皇元年二月壬子条, 古事記 下巻 仁賢天皇段】【母:春日大娘皇女かすがのおおいらつめのひめみこ
  • 手白香皇女たしらかのひめみこ手白髪郎女たしらかのいらつめ【日本書紀 巻第十五 仁賢天皇元年二月壬子条, 古事記 下巻 仁賢天皇段】【母:春日大娘皇女かすがのおおいらつめのひめみこ
  • 樟氷皇女くすひのひめみこ久須毘郎女くすびのいらつめ【日本書紀 巻第十五 仁賢天皇元年二月壬子条, 古事記 下巻 仁賢天皇段】【母:春日大娘皇女かすがのおおいらつめのひめみこ
  • 橘皇女たちばなのひめみこ橘之中比売命たちばなのなかつひめのみこと【日本書紀 巻第十五 仁賢天皇元年二月壬子条, 古事記 下巻 宣化天皇段】【母:春日大娘皇女かすがのおおいらつめのひめみこ
  • 武烈天皇ぶれつてんのう武烈天皇ぶれつてんのう【日本書紀 巻第十五 仁賢天皇元年二月壬子条, 古事記 下巻 仁賢天皇段】【母:春日大娘皇女かすがのおおいらつめのひめみこ
  • 真稚皇女まわかのひめみこ真若王まわかのみこ【日本書紀 巻第十五 仁賢天皇元年二月壬子条, 古事記 下巻 仁賢天皇段】【母:春日大娘皇女かすがのおおいらつめのひめみこ
  • 春日山田皇女かすがのやまだのひめみこ春日山田郎女かすがのやまだのいらつめ【日本書紀 巻第十五 仁賢天皇元年二月壬子条, 古事記 下巻 仁賢天皇段】【母:糠君娘あらきみのいらつめ
子孫
  1. 高橋大娘皇女
  2. 朝嬬皇女
  3. 手白香皇女
    1. 欽明天皇
      1. 箭田珠勝大兄皇子
      2. 敏達天皇
      3. 笠縫皇女
      4. 上王
      5. 倉皇子
      6. 用明天皇
      7. 磐隈皇女
      8. 臘嘴鳥皇子
      9. 推古天皇
      10. 椀子皇子
      11. 大宅皇女
      12. 石上部皇子
      13. 山背皇子
      14. 大伴皇女
      15. 桜井皇子
      16. 肩野皇女
      17. 橘本稚皇子
      18. 舎人皇女
      19. 茨城皇子
      20. 葛城皇子
      21. 穴穂部間人皇女
      22. 泥部穴穂部皇子
      23. 崇峻天皇
      24. 春日山田皇女
      25. 橘麻呂皇子
  4. 樟氷皇女
  5. 橘仲皇女
    1. 石姫皇女
      1. 箭田珠勝大兄皇子
      2. 敏達天皇
      3. 笠縫皇女
    2. 小石姫皇女
      1. 上王
    3. 倉稚綾姫皇女
      1. 上王
    4. 上殖葉皇子
  6. 武烈天皇
  7. 真稚皇女
  8. 春日山田皇女
称号・栄典とても広〜い意味です。
出来事
  • 市辺押磐皇子の第二子として生まれる。母は荑媛
    あるいは第三子という。

    幼くして聡穎で、敏才多識だった。壮年になると仁恵の心を持ち、温和で慈悲深かった。

    【日本書紀 巻第十五 顕宗天皇即位前紀, 日本書紀 巻第十五 仁賢天皇即位前紀】
  • 安康天皇3年10月

    天皇後の顕宗天皇。の父の市辺押磐皇子帳内(とねり)佐伯部仲子蚊屋野(かやの)大泊瀬天皇に殺されて共に穴に埋められた。
    天皇と億計王は父が殺されたことを聞いて恐懼し、共に逃げて身を隠した。

    帳内の日下部連使主とその子の吾田彦は、天皇と億計王を密かに連れて丹波国(たにわのくに)余社郡(よさのこおり)で難を避けた。
    使主は遂に名を改めて田疾来とした。
    尚も殺されることを恐れて、ここから播磨国の縮見山(しじみのやま)の石室に逃れ入って自ら経死した。
    天皇は使主の所在を知らずに兄の億計王に勧めて、播磨国の赤石郡(あかしのこおり)に向い、共に名を改めて丹波小子(たにわのわらわ)といった。
    そして縮見屯倉首に仕えた。縮見屯倉首とは忍海部造細目のことである。
    吾田彦はここに至るまで離れずに従い仕えた。

    【日本書紀 巻第十五 顕宗天皇即位前紀 安康天皇三年十月条】
    • 市辺之忍歯王の王子の意富祁王後の仁賢天皇。袁祁王後の顕宗天皇。の二柱は、この乱を聞いて逃げ出した。
      それで山代(やましろ)山城苅羽井(かりばい)に着いて、御粮(みかれい)を食べようとした時、顔に入墨をした老人がやって来て、その御粮を奪った。
      その二王が「御粮は惜しまない。それにしてもお前は誰だ」と言うと、「私は山代の豚飼いだ」と答えた。
      それで玖須婆(くすば)の河を逃げ渡って針間(はりま)播磨国に至り、その国人で名は志自牟の家に入り、身分を隠して馬飼い・牛飼いとして仕えた。

      【古事記 下巻 安康天皇段】
  • 清寧天皇2年11月

    播磨国司で山部連(やまべのむらじ)の先祖伊与来目部小楯赤石郡(あかしのこおり)で自ら新嘗の供物を準備した。

    たまたま縮見屯倉首の新室の宴に参加して昼夜会った。

    この時に弘計王が兄の億計王に言うには「乱が避って年数が経ちました。貴い名を顕すのはまさに今宵です」と。
    億計王が嘆いて言うには「自ら名乗り出て殺されるのと、身を保って災厄を免れるのとどちらが良いか」と。
    弘計王が言うには「私は去来穂別天皇の孫です。しかし身を嗜み、人に仕えて牛馬の世話をしています。もし名を顕して殺されても構いません」と。
    遂に億計王と抱き合って泣いた。抑えることは出来なかった。
    億計王は「弟以外に誰が大事を言挙げして顕かに出来ようか」と言った。
    弘計王は固辞して「私は不才です。どうして大事を言挙げして顕かに出来ましょうか」と言った。
    億計王は「弟は才があり、賢くて徳がある。これ以上はない」と言った。
    このように互いに譲り合うこと三度。果して弘計王は自ら言挙げすることを承諾した。
    共に室の外に出て下座に着いた。屯倉首は竈の傍に坐らせて、あちらこちらに火を灯させた。
    夜も深くなり宴もたけなわとなって、次々に舞いも終った。
    屯倉首が小楯に言うには「私はこの火を灯す者を見ると、人を貴んで己を賤しくし、人を先として己を後とする。慎み敬って節に従い、譲り退いて礼を明らかとする。君子というべきでしょう」と。
    そこで小楯は琴を弾いて火を灯す者に命じて「立って舞いなさい」と言った。
    兄弟は互いに譲り合って立たなかった。
    小楯は責めて「何をしている。遅いぞ。速く立って舞いなさい」と言った。
    億計王が立って舞い終った。
    次に弘計王が立って自ら衣の帯を整え、室寿(むろほき)して言うには「()き立つる稚室葛根(わかむろかずね)。築き立つる柱は、此の家長(いえのきみ)の御心の(しずま)なり。取り挙ぐる。棟梁(むねうつはり)は、此の家長の御心の林なり。取り置ける橡橑(はえき)は、此の家長の御心の(ととのおり)なり。取り置ける蘆雚(えつり)蘆雚。此云哀都利。は、此の家長の御心の(たいらか)なるなり。取り結える縄葛(つなかずら)は、此の家長の御寿(みいのち)(かたまり)なり。取り葺ける草葉(かや)は、此の家長の御富(みとみ)(あまり)なり。出雲は新墾(にいばり)。新墾の十握稲(とつかしね)の穂を、浅甕(あさらけ)()める酒、(うまら)にを飲喫(やら)ふるかわ美飮喫哉。此云于魔羅爾烏野羅甫屢柯倭也。()子等(こども)脚日木(あしひき)の此の傍山(かたやま)に、牡鹿(さおしか)牡鹿。此云左鳴子加。(つの)(ささ)げて吾が(まい)すれば、旨酒(うまさけ)餌香(えか)(いち)(あたい)()て買わぬ。手掌(たなそこ)摎亮(やわら)手掌摎亮。此云陀那則擧謀耶羅羅儞。()ち上げ(たま)いつ、吾が常世等(とこよたち)」と。
    寿き終り、歌の節にあわせて歌を詠んだ。

    ()()()()() ()()()()()()() ()()()()() ()()()()()()() ()()()()()()()

    小楯は「面白い。また聞きたいものだ」と言った。
    弘計王は遂に殊儛(たつつのまい)殊儛。古謂之立出儛。立出。此云陀豆豆(校異:此云陀陀豆豆)。儛状者乍起乍居而儛之。をして、叫んで言うには「(やまと)彼彼茅原(そそちはら)浅茅原(あさちはら)弟日(おとひ)(やっこ)らま」と。
    小楯は深く怪しんで、更に言わせた。
    弘計王が叫んで言うには「石上(いそのかみ)(ふる)神榲(かみすぎ)榲。此云須擬。本伐(もとき)り、末截(すえおしはら)伐本截末。此云謨登岐利須衞於茲波羅比。市辺宮(いちのへのみや)天下(あめのした)(しら)しし、天万国万押磐尊御裔(みあなすえ)(やっこ)らま」と。
    小楯は大いに驚いて席を離れ、心を痛めて再拝した。一族を率いて謹んで仕えた。
    ここに(こおり)の民を集めて宮を造った。日も経たずに完成した宮を仮宮とした。
    そして京都(みやこ)に詣でて、二王を迎えることを求めた。白髪天皇はこれを聞いて喜び、歎いて言うには「朕には子が無い。(みつぎ)とするによい」と。
    そして大臣・大連と相談して、播磨国司の来目部小楯(しるし)を持たせ、側の舎人を副えて遣わし、赤石で迎え奉らせた。

    【日本書紀 巻第十五 顕宗天皇即位前紀 安康天皇三年十月条】
    • 清寧天皇元年11月

      播磨国司の山部連小楯(みやこ)に詣でて、迎えることを求めた。
      白髪天皇小楯を遣わして、(しるし)を持ってそばの舎人を率いて赤石で迎えた。

      【日本書紀 巻第十五 仁賢天皇即位前紀 清寧天皇元年十一月条】
    • 清寧天皇が崩じた後、天下を治めるべき王はいなかった。

      そこで皇位を継ぐ王を尋ねて、市辺忍歯別王の妹の忍海郎女。またの名は飯豊王は、葛城(かずらき)忍海(おしぬみ)高木角刺宮(たかぎのつのさしのみや)にいた。

      山部連小楯針間播磨の国司に任ぜられた時、その国の人民で名は志自牟が新室完成の宴を開いた。
      盛んに酒宴を楽しみ、宴もたけなわになったころ、皆が順に従って舞いを舞った。
      火を焚く少年二人が竃の側にいて、その少年達にも舞わせた。
      そのうちの一人の少年が「兄さん、先に舞いなさい」と言った。
      その兄は「弟よ、先に舞いなさい」と言った。
      こうして互いに譲り合っていると、集まった人達はその譲り合う様子を笑った。
      そしてとうとう兄が舞い終わり、次に弟がまさに舞おうとしたときに詠め言声を長く引いて歌うこと。をした。
      「武人である我が良人が佩く大刀の柄には赤い色を塗りつけ、その緒は赤い布で飾り、赤旗を立て、見れば恐れて隠れる。山の尾根の竹を根元から刈り、竹の末を押しなびかせるように、八絃の琴の調子を調えるように、天下を治めた伊邪本和気天皇履中天皇の御子、市辺之押歯王の賎しい子孫です」と。
      小楯連はこれを聞いて驚き、床から転げ落ちた。
      その室にいる人達を追い出して、その二柱の王子を左右の膝の上に据えて泣き悲しんだ。
      人民を集めて仮宮を造り、その仮宮に住まわせた。
      そして駅使(はゆまづかい)早馬による使者。を遣わした。
      その叔母の飯豊王は知らせを聞いて喜び、宮に上らせた。

      【古事記 下巻 清寧天皇段】
  • 清寧天皇3年1月1日

    小楯らが億計・弘計を奉じて摂津国に至った。
    臣・連に(しるし)を持たせて、王の青蓋車(みくるま)を以って宮中に迎え入れた。

    【日本書紀 巻第十五 清寧天皇三年正月丙辰朔条】
  • 清寧天皇3年4月7日仁賢紀では立太子を清寧天皇二年四月とする。

    億計王が皇太子となる。
    弘計王が皇子となる。

    【日本書紀 巻第十五 清寧天皇三年四月辛卯条】
  • 清寧天皇5年1月16日

    清寧天皇が崩じる。

    【日本書紀 巻第十五 清寧天皇五年正月己丑条】
  • 清寧天皇5年1月

    皇太子億計王と弘計王は位を譲り合い、久しく位につかなかった。

    それで天皇の姉の飯豊青皇女忍海角刺宮(おしぬみのつのさしのみや)で朝政に臨み、自ら忍海飯豊青尊と名乗った。

    当時の歌に長けた人が詠んだ歌にいう。

    ()()()()() ()()()()()()() ()()()()() ()()()()()()() ()()()()()()()

    【日本書紀 巻第十五 顕宗天皇即位前紀 清寧天皇五年正月是月条】
  • 清寧天皇5年11月

    飯豊青尊原文ママ。じる。

    【日本書紀 巻第十五 顕宗天皇即位前紀 清寧天皇五年十一月条】
  • ・・・
    • 意富祁命・袁祁命の二柱が相談して「およそ朝廷に仕える人々は、朝は朝廷に参内し、昼は志毘臣の家の門に集まる。また今は志毘臣はきっと寝ていてる。またその門には人もいない。だから今でなければ、(はかりごと)を実行するのは難しいだろう」と。
      そこで軍を興して志毘臣の家を囲んで殺した。

      【古事記 下巻 清寧天皇段】
  • 清寧天皇5年12月

    百官が大いに集まった。
    皇太子億計王は天皇の璽を取って天皇の坐に置いた。
    再拝して諸臣の位置について言うには「この天皇の位は、功ある者がつくべき所である。貴きを表して迎えられたのは、全て弟が考えたことによるものである」と。
    そして天下を弘計王に譲った。
    弘計王は弟であることを顧みて、敢えて即位しなかった。
    また白髪天皇が先に兄に伝えようとして皇太子を立てたことを受けて、何度も固辞して言うには「日月が出ても灯火を止まずにおけば、その火の光はかえって煩わしいでしょう。雨が降って猶も作物に水をやれば無意味に疲れます。人の弟として貴いことは、兄に仕え、難を逃れるように謀り、徳を照らし、紛争を解決し、表に出ないことです。即ち表に出れば、弟として恭敬の義に背きます。私はそんな立場に居るに忍びない。兄が慈しみ、弟が敬うことは。不易の典です。これを古老に聞きました。どうして軽々しく動けましょうか」と。
    皇太子億計王が言うには「白髪天皇は私が兄だということで天下の事は先ず私が嘱されました。私はそれを恥ずかしく思います。思えば大王がはじめ巧みに身を隠すことを考えられました。聞く者は歎息しました。帝孫ということを顕わにする時に見る者は涙しました。憂える百官は天を頂く喜びを感じました。哀しむ人民は地を踏む恩を感じました。こりにより良く四方は固まって、永く万代まで栄えるでしょう。その功は万物創造に近く、清き計りごとは世を照らしています。超越していてうまく表現も出来ません。兄だからといって、どうして先に即位出来ましょうか。功無く即位すれば咎めや悔いが必ずやってきます。私が聞くところによると『天皇の位を永く空しくしてはならない。天命を拒んではならない』といいます。大王は社稷を以って計らいとし、人民を以って心として下さい」と。
    言を発すうちに高揚して涙を流すに至った。

    弘計王は即位しまいと思っていたが、兄の意に逆らえずに聞き入れた。しかし御坐にはつかなかった。

    世の人はその誠を以って譲ったことを嘉事として言うには「宜しいことだなあ。兄弟が喜びやわらいで。天下は徳に帰した。親族が睦まじいと、民にも仁の心が興るだろう」と。

    【日本書紀 巻第十五 顕宗天皇即位前紀 清寧天皇五年十二月条】
    • 二柱の王子は互いに天下を譲り合った。
      意富祁命がその弟の袁祁命に譲って言うには「針間播磨志自牟の家に住んでいたとき、あなたが名を顕わさなければ天下の君にはなっていなかったことでしょう。これはあなたの功です。だから私は兄ですが、あなたが先に天下を治めなさい」と。
      それで辞退することが出来ず、袁祁命が先に天下を治めた。

      【古事記 下巻 清寧天皇段】
  • 顕宗天皇元年1月1日

    弘計王が即位する。

    【日本書紀 巻第十五 顕宗天皇元年正月己巳朔条】
  • 顕宗天皇元年1月

    顕宗天皇が詔して「先王父の市辺押磐皇子を指す。は難事に多く遭い、荒野に落命された。朕は幼年で、逃げて身を隠したが、みだりに求め迎えられて大業を継いだ。御骨を広く探しても、よく知る者はいない」と。
    詔が終わって皇太子億計と声を出して泣いた。堪えることは出来なかった。

    【日本書紀 巻第十五 顕宗天皇元年正月是月条】
  • 顕宗天皇元年2月5日

    耆宿を集めて顕宗天皇自ら尋ねた。
    一人の老婆が進み出て言うには「置目は御骨が埋まっている場所を存じております。お示し致します」と。
    置目とは老婆の名である。近江国(おうみのくに)狭狭城山君(ささきやのやまのきみ)の祖倭帒宿禰の妹で、名を置目という。

    そこで天皇と皇太子億計は老婆を連れて、近江国の来田綿(くたわた)蚊屋野(かやの)の中に行幸して掘り出して見てみると、はたして老婆の言葉のとおりであった。
    穴を覗いて号泣し、嘆き悲しんだ。
    古よりこのかた、このような酷いことはなかった。
    仲子の屍は御骨に交わって見分けがつかなかった。
    磐坂皇子の乳母が奏上して「仲子は上の歯が抜けておりますので、これで判別できます」と。
    乳母の言うとおりに髑髏(どくろ)を分けてみたが、ついに手足や胴体は判別出来なかった。

    それで蚊屋野の中に二つの陵を造って全く同じように似せた。
    葬儀も異なるところは無かった。

    老婆置目に詔して宮のそばに住まわせた。
    崇め恵んで不自由のないようにした。

    【日本書紀 巻第十五 顕宗天皇元年二月壬寅条】
  • 顕宗天皇2年8月1日

    天皇が皇太子億計に言うには「我が父である先王には罪は無い。大泊瀬天皇に射殺され、骨を郊野に棄てられた。今に至るまで得ることが出来ていない。憤りと歎きが心を満たしてしまっている。臥しては泣き、行っては叫び、恥を雪ぎたいと思う。私が聞くところによると『父の仇とは共に天を戴かず、兄弟の仇とは常に戦う備えをして、友の仇とは国を同じくしない』という。匹夫の子でも父母の仇のために(とま)に寝て、(たて)を枕にして仕えず。国を共にせず、どんな場所でも遭遇すれば常に戦う備えをする。なおさら私が立って天子たること二年。その陵を壊し、摧骨を砕いて投げ散らしたいと思う。今これを報いとすれば、孝行にならないだろうか」と。
    皇太子億計は歎いて答えることが出来なかった。
    そして諌めて言うには「なりません。大泊瀬天皇は政を正しく統べて天下を照臨しました。国内外が喜び仰ぐのは天皇の力でございます。我が父である先王は天皇の御子といえども、難行に遭い、天位に登られませんでした。これを見れば尊卑は別なのでございます。それを陵墓を壊してしまえば、誰を人主として天の御霊にお仕え出来ましょうか。それが壊してはならない理由の一つ目でございます。また天皇と億計は白髪天皇の厚い寵愛、特別な御恩を蒙らなければ、どうして宝位に臨めましょうか。大泊瀬天皇白髪天皇の父でございます。億計は諸々の耆宿に聞きました。耆宿が言うには『言葉は報いられないことはなく、徳は答えられないことはない。恵みがあっても答えなければ、人を深く損なうことになる』と。陛下は国を豊かになさり、徳行は天下に広く聞こえております。陵を壊して内外に示せば、国に臨んで民を子とすることは恐らく出来ないでしょう。それが壊してはならない理由の二つ目でございます」と。
    天皇は「その言や良し」と言って役を止めさせた。

    【日本書紀 巻第十五 顕宗天皇二年八月己未朔条】
    • 天皇はその父王を殺した大長谷天皇を深く怨んで、その御霊に復讐しようと思った。
      それでその大長谷天皇の御陵を壊そうとして人を遣わした時に、その同母兄の意富祁命が奏上して「この御陵を破壊するのに他人を遣わしてはなりません。私が行って天皇の御心の如く破壊して参りましょう」と。
      天皇は「それならば命に従って行きなさい」と言った。

      意富祁命は自ら行って、その御陵のそばを少し掘って帰還し、復命して「既に掘り壊しました」と言った。
      天皇は帰還が早かったことを怪しんで「どのように破壊したか」と言うと、「その陵のそばの土を少し掘りました」と答えた。
      天皇が「父王の仇を報いようと思えば、必ずその陵の全てを破壊しようと思うのに、なぜ少し掘ろうと思うか」と言うと、答えて「父王の怨みであり、その霊に報いようと思いますのは道理でございます。しかしその大長谷天皇は父の怨みといえども、我が従父正確には叔従父。であり、また天下を治めた天皇でもあります。いま父の仇という志を取り、天下を治めた天皇の陵を全て破壊すれば、後人が必ず誹謗するでしょう。それで父王の仇は報いずに、少しその陵のそばを掘って恥をかかせば、後の世に示せます」と。
      このように奏上し、天皇は「これもまた道理に適っている。それでよい」と答えた。

      【古事記 下巻 顕宗天皇段】
  • 顕宗天皇3年4月25日

    顕宗天皇が崩じる。

    【日本書紀 巻第十五 顕宗天皇三年四月庚辰条】
  • 仁賢天皇元年1月5日

    石上広高宮(いそのかみのひろたかのみや)にて天皇に即位する。

    【日本書紀 巻第十五 仁賢天皇元年正月乙酉条】
    • 億計天皇の宮は二ヶ所ある。
      一の宮は川村、二の宮は縮見(しじみ)高野(たかの)にある。
      その殿の柱は今に至るまで未だ朽ちていない。

      【日本書紀 巻第十五 仁賢天皇元年正月乙酉条 或本云】
    • 石上広高宮(いそのかみのひろたかのみや)にて天下を治めた。

      【古事記 下巻 仁賢天皇段】
  • 仁賢天皇元年2月2日

    妃の春日大娘皇女を立てて皇后とする。
    春日大娘皇女大泊瀬天皇和珥臣深目の娘の童女君を娶って生まれた。
    一男六女を産んだ。
    その一を高橋大娘皇女という。
    その二を朝嬬皇女という。
    その三を手白香皇女という。
    その四を樟氷皇女
    その五を橘皇女という。
    その六を小泊瀬稚鷦鷯天皇という。天下を治めるにあたり泊瀬(はつせ)列城(なみき)を都とした。
    その七を真稚皇女という。
    ある書では樟氷皇女を第三に列し、手白香皇女を第四に列し、異なっている。

    次に和珥臣日爪の娘の糠君娘は一女を生んだ。
    これを春日山田皇女という。
    ある書では和珥臣日触の娘の大糠娘は一女を生んだ。これを山田大娘皇女という。またの名は赤見皇女という。文はやや異なるが、其の実は同じである。

    【日本書紀 巻第十五 仁賢天皇元年二月壬子条】
  • 仁賢天皇元年10月3日

    弘計天皇傍岳磐杯丘陵(かたおかのいわつきのおかのみささぎ)に葬る。

    【日本書紀 巻第十五 仁賢天皇元年十月丁己酉条】
  • 仁賢天皇2年9月

    難波小野皇后が以前の不敬を恐れて自死した。

    弘計天皇の時、皇太子億計は宴に侍った。
    瓜を取って食べようとしたときに刀子(かたな)が無かった。
    弘計天皇は自ら刀子を取り、その夫人(みめ)小野に命じて進めた。夫人は目の前に行って立ったまま刀子を瓜皿に置いた。
    この日、さらに酒を酌んで、立ちながら皇太子を呼んだ。
    この不敬による罪を恐れて自死したのである。

    【日本書紀 巻第十五 仁賢天皇二年九月条】
  • 仁賢天皇3年2月1日

    石上部舎人(いそのかみべのとねり)を置く。

    【日本書紀 巻第十五 仁賢天皇三年二月己巳朔条】
  • 仁賢天皇3年2月1日

    的臣蚊島穂瓮君に罪があり、獄に下って皆死んだ。

    【日本書紀 巻第十五 仁賢天皇三年二月己巳朔条】
  • 仁賢天皇5年2月5日

    普く(くに)(こおり)に散り逃れた佐伯部(さえきべ)を探した。
    佐伯部仲子の後を以って佐伯造(さえきのみやつこ)とする。

    【日本書紀 巻第十五 仁賢天皇五年二月辛卯条】
  • 仁賢天皇6年9月4日

    日鷹吉士高麗(こま)に遣わして巧手者(てひと)を召す。

    【日本書紀 巻第十五 仁賢天皇六年九月壬子条】
  • 仁賢天皇6年9月(4日 ~ 29日)

    日鷹吉士が使者として遣わされた時、難波(なにわ)御津(みつ)に女人があり、哭いて言うには「(おも)にも()(あれ)にも()弱草(わかくさ)『弱草と言うのは、古に弱草を以って夫婦に喩えることをいう』とある。()(つま)はや」と。
    哭声は甚だ哀しく、人は腸を断つようだった。
    菱城邑(ひしきのむら)の人鹿父はこれを聞いて前に向って「何をそんなに哀しく哭いているのだ」と言うと、女人は答えて「秋葱(あきき)の二重のように思ってほしい」と。鹿父は「()承知したの意。」と言った。即ち言葉の意味を知ったのである。
    同伴者がいたが、その意味を知らずに「何を以って知ったのだ」と尋ねた。
    答えて「難波玉作部鯽魚女韓白水郎𤳉に嫁いで哭女を生んだ。哭女住道人山杵に嫁いで飽田女を生んだ。韓白水郎𤳉とその娘の哭女は共に既に死んでいる。住道人山杵は先に玉作部鯽魚女を犯して麁寸が生まれている。麁寸飽田女を娶った。麁寸日鷹吉士に従って高麗に向った。これによりその妻の飽田女は徘徊して思いを巡らしては心を失い、心を傷めた。哭声はひどく切なかった。人は腸を断つような思いだったのだ」と。

    【日本書紀 巻第十五 仁賢天皇六年是秋条】
  • 仁賢天皇6年(9月4日 ~ 12月)

    日鷹吉士が高麗から帰還して工匠(てひと)須流枳奴流枳らを献上した。
    今の大倭国(やまとのくに)山辺郡(やまのへのこおり)額田邑(ぬかたのむら)熟皮高麗(かわおしのこま)はその子孫である。

    【日本書紀 巻第十五 仁賢天皇六年是歳条】
  • 仁賢天皇7年1月3日

    小泊瀬稚鷦鷯尊を立てて皇太子とする。

    【日本書紀 巻第十五 仁賢天皇七年正月己酉条】
  • 仁賢天皇8年10月

    人民が言うには「この時に国中は無事で、官吏は役に適っている。天下は仁に帰した。民はその業を安んじている」と。

    【日本書紀 巻第十五 仁賢天皇八年十月条】
  • 仁賢天皇8年

    五穀豊穣、蚕・麦はよく収まり、国内外は平安で戸口は繁栄した。

    【日本書紀 巻第十五 仁賢天皇八年是歳条】
  • 仁賢天皇11年8月8日

    正寝で崩じる。

    【日本書紀 巻第十五 仁賢天皇十一年八月丁巳条】
  • 仁賢天皇11年10月5日

    埴生坂本陵(はにゅうのさかもとのみささぎ)に葬られる。

    【日本書紀 巻第十五 仁賢天皇十一年十月癸丑条】
    • 仁賢天皇11年10月5日

      埴口之坂本陵(はにくちのさかもとのみささぎ)に葬られる。

      【先代旧事本紀 巻第八 神皇本紀 仁賢天皇十一年十月癸丑条】