名前
  • 氏(ウジ):巨勢【日本書紀】せ)
  • 姓(カバネ):臣【日本書紀】(お
  • 名:德太【日本書紀】(とこた)徳太
  • 名:德大【日本書紀】(とこだ)徳大
  • 名:德陀【日本書紀】(とこだ)徳陀
生年月日
( ~ 皇極天皇元年12月13日)
没年月日
(皇極天皇4年6月12日 ~ )
先祖
  1. 巨勢胡人
    1. 巨勢男人
    2. unknown
  2. unknown
称号・栄典とても広〜い意味です。
  • 小徳しょうとく【日本書紀 巻第二十四 皇極天皇元年十二月甲午条】
出来事
  • 皇極天皇元年12月13日

    皇極天皇舒明天皇の喪を発した際に、大派皇子の代りに(しのびごと)する。

    【日本書紀 巻第二十四 皇極天皇元年十二月甲午条】
  • 皇極天皇2年11月1日

    蘇我臣入鹿小徳巨勢徳太臣・大仁土師娑婆連土師娑婆連猪手と思われるが確証は無い。を遣わして山背大兄王たちを斑鳩(いかるが)で襲わせた。

    奴の三成と数十人の舎人が出陣して防ぎ戦った。
    土師娑婆連は矢に当って死に、兵士は恐れて退いた。
    軍中の人は「一人当千とは三成をいうか」と語り合った。

    山背大兄は馬の骨を取って寝殿に投げ入れた。
    遂にその妃と子弟たちを率いると隙を得て逃げ出して胆駒山(いこまやま)に隠れた。
    三輪文屋君・舎人の田目連とその娘の菟田諸石伊勢阿部堅経が従った。

    巨勢徳太臣らは斑鳩宮を焼いた。
    灰の中に骨を見つけ、王の死だと誤って囲いを解いて退去した。

    【日本書紀 巻第二十四 皇極天皇二年十一月丙子朔条】
    • 巨勢徳太臣・倭馬飼首を将軍とした。

      【日本書紀 巻第二十四 皇極天皇二年十一月丙子朔条 或本云】
  • 皇極天皇4年6月12日

    蘇我入鹿が殺害される。

    漢直(あやのあたい)らは族党を総べ集め、(よろい)を着て武器を持ち、大臣を助けようと軍陣を設けた。
    中大兄は将軍巨勢徳陀臣を使い、天地開闢より君臣の別が始めからあることを賊党に説いて、進むべき道を知らしめた。

    高向臣国押が漢直らに言うには「我らは君大郎により殺されようとしている。大臣もまた今日明日には殺されることが決まったようなものだ。ならば誰の為に空しい戦いをして処刑されようか」と。
    言い終わると剣を解き、弓を投げ捨てて去っていった。
    賊徒もまた随って散り散りに去った。

    【日本書紀 巻第二十四 皇極天皇四年六月戊申条】