大紫

このページは作成途上です

名前
  • 大紫【日本書紀】(だいし)
一覧
出来事
  • 大化3年

    七色十三階冠が制定される。

    第三は紫冠(むらさきのこうぶり)。大二階がある。紫で作られ、織物で冠の縁を取り巻く。服の色は浅紫を用いる。

    小錦冠以上の鈿は金・銀を混ぜて作る。

    【日本書紀 巻第二十五 大化三年是歳条】
  • 大化5年2月

    冠十九階が制定される。

    第五は大紫。

    【日本書紀 巻第二十五 大化五年二月条】
  • 天智天皇3年2月9日

    冠二十六階が制定される。

    第五は大紫。

    【日本書紀 巻第二十七 天智天皇三年二月丁亥条】
関連
  • 七色十三階冠ななしきじゅうさんかいかん【日本書紀 巻第二十五 大化三年是歳条】
  • 冠位十九階かんいじゅうきゅうかい【日本書紀 巻第二十五 大化五年二月条】
  • 冠位二十六階かんいにじゅうろくかい【日本書紀 巻第二十七 天智天皇三年二月丁亥条】