知万沙飡

名前
  • 知萬沙飡【日本書紀】(ちまささん)知万沙飡
  • 沙飡知萬【日本書紀】(ささんちま)沙飡知万
生年月日
( ~ 652年2月14日)
没年月日
(651年1月27日 ~ )
出来事
  • (651年1月27日 ~ 652年2月14日)

    新羅の貢調使知万沙飡らが唐国の服を着て筑紫に着いた。朝庭は勝手に風俗を変えたことを憎み、厳しく責めて追い返した。

    時に巨勢大臣が奏上して「いま新羅を討たなければ必ず後悔するでしょう。討つと言っても力は要りません。難波津から筑紫の海の裏に至るまで船で満たし、新羅を召してその罪を問えば容易でございます」と。

    【日本書紀 巻第二十五 白雉二年是歳条】