名前
  • 大派皇子【日本書紀】(おおまたのみこ, おほまた
  • 大派王【日本書紀】(おおまたのみこ, おほまた
  • 大俣王【古事記】(おおまたのみこ, おほまた
生年月日
( ~ 舒明天皇8年7月1日)
没年月日
(皇極天皇元年12月13日 ~ )
  • 敏達天皇びだつてんのう【日本書紀 巻第二十 敏達天皇四年正月是月条】
  • 老女子夫人おみなごのおおとじ【日本書紀 巻第二十 敏達天皇四年正月是月条】
先祖
  1. 敏達天皇
    1. 欽明天皇
      1. 継体天皇
      2. 手白香皇女
    2. 石姫皇女
      1. 宣化天皇
      2. 橘仲皇女
  2. 老女子夫人
    1. 春日仲君
出来事
  • 敏達天皇の皇子として生まれる。母は老女子夫人

    【日本書紀 巻第二十 敏達天皇四年正月是月条】
  • 舒明天皇8年7月1日

    大派王が豊浦大臣に言うには「群卿及び百寮が参朝することを怠っている。今後は卯の刻の始め卯の刻は午前6時の前後1時間。その始まりは午前5時ころ。に参朝し、巳の刻の後巳の刻は午前10時の前後1時間。その終わりは午前12時ころ。に退朝させよう。これらを鍾で知らせるように」と。
    しかし大臣は従わなかった。

    【日本書紀 巻第二十三 舒明天皇八年七月己丑朔条】
  • 皇極天皇元年12月13日

    皇極天皇舒明天皇の喪を発した際に、大派皇子の代りに巨勢臣徳太(しのびごと)する。

    【日本書紀 巻第二十四 皇極天皇元年十二月甲午条】