名前
  • 小德【日本書紀】(しょうとく, せうとく)小徳
  • 少德【上宮聖徳法王帝説】(しょうとく, せうとく)少徳
歴代
出来事
  • 推古天皇11年12月5日

    はじめて冠位を定める。
    大徳・小徳・大仁小仁大礼小礼大信小信大義小義大智小智
    合わせて十二階。
    並びに当色の(きぬ)を以って縫った。
    頂は(ふくろ)のようにまとめて縁飾りを付けた。
    ただし元日には髻華(うず)髻華。此云于孺。を挿した。

    【日本書紀 巻第二十二 推古天皇十一年十二月壬申条】
関連
  • 冠位十二階かんいじゅうにかい【日本書紀 巻第二十二 推古天皇十一年十二月壬申条】