名前
  • 冠位十二階【日本書紀】(かんいじゅうにかい)
  • 爵十二級【上宮聖徳法王帝説】(しゃくじゅうにきゅう)
出来事
  • 推古天皇11年12月5日

    はじめて冠位を定める。
    大徳小徳大仁小仁大礼小礼大信小信大義小義大智小智
    合わせて十二階。
    並びに当色の(きぬ)を以って縫った。
    頂は(ふくろ)のようにまとめて縁飾りを付けた。
    ただし元日には髻華(うず)髻華。此云于孺。を挿した。

    【日本書紀 巻第二十二 推古天皇十一年十二月壬申条】
  • 推古天皇19年5月5日

    諸臣の服の色を全て冠の色に随えることとする。
    各々髻華(うず)を挿した。
    即ち大徳小徳は金を用い、大仁小仁は豹の尾を用い、大礼以下は鳥の尾を用いた。

    【日本書紀 巻第二十二 推古天皇十九年五月五日是日条】
関連
  • 第一位:大徳だいとく【日本書紀 巻第二十二 推古天皇十一年十二月壬申条】
  • 第二位:小徳しょうとく【日本書紀 巻第二十二 推古天皇十一年十二月壬申条】
  • 第三位:大仁だいにん【日本書紀 巻第二十二 推古天皇十一年十二月壬申条】
  • 第四位:小仁しょうにん【日本書紀 巻第二十二 推古天皇十一年十二月壬申条】
  • 第五位:大礼だいらい【日本書紀 巻第二十二 推古天皇十一年十二月壬申条】
  • 第六位:小礼しょうらい【日本書紀 巻第二十二 推古天皇十一年十二月壬申条】
  • 第七位:大信だいしん【日本書紀 巻第二十二 推古天皇十一年十二月壬申条】
  • 第八位:小信しょうしん【日本書紀 巻第二十二 推古天皇十一年十二月壬申条】
  • 第九位:大義だいぎ【日本書紀 巻第二十二 推古天皇十一年十二月壬申条】
  • 第十位:小義しょうぎ【日本書紀 巻第二十二 推古天皇十一年十二月壬申条】
  • 第十一位:大智だいち【日本書紀 巻第二十二 推古天皇十一年十二月壬申条】
  • 第十二位:小智しょうち【日本書紀 巻第二十二 推古天皇十一年十二月壬申条】