名前
  • 氏(ウジ):波多【日本書紀】(はた)
  • 姓(カバネ):臣【日本書紀】(お
  • 名:廣庭【日本書紀】(ひろにわ, には)広庭
生年月日
( ~ 推古天皇30年12月29日)
没年月日
(推古天皇30年1月1日 ~ )
称号・栄典とても広〜い意味です。
  • 小徳しょうとく【日本書紀 巻第二十二 推古天皇三十一年是歳条】
出来事
  • 推古天皇30年当サイトでは日本書紀の推古天皇31年、32年、33年の記事を、それぞれ1年ずつ繰り下げた年の出来事としてます。

    任那を附属させた新羅を征伐する副将軍として出兵する。

    これより先に派遣されていた詰問の使者は「軍を起こすことは前の約束に違えてしまう。こうなっては任那の事を成すことは出来ない」と言うと、出航して帰国した。

    ただ将軍らは任那に至り、相談して新羅を襲撃しようとした。
    新羅国主は軍勢が多いと聞いて降伏を願い出た。
    将軍らは共に議って上表した。天皇はこれを許した。

    【日本書紀 巻第二十二 推古天皇三十一年是歳条】