彦坐王

名前
  • 彥坐王【日本書紀】います)彦坐王
  • 彥坐王命校異【日本書紀】います)彦坐王命
  • 日子坐王【古事記】います
  • 彥坐命【新撰姓氏録抄】います)彦坐命
  • 彥今簀命【新撰姓氏録抄】います)彦今簀命
  • 彥坐皇子【先代旧事本紀】います)彦坐皇子
  • 彥坐皇子命【先代旧事本紀】います)彦坐皇子命
キーワード
  • 当麻坂上君(たぎまのさかのかみのきみ)等祖【先代旧事本紀 巻第七 天皇本紀 開化天皇紀末段】
  • 後裔は左京治田連(はりたのむらじ)・左京軽我孫(かるのあひこ)・左京鴨県主(かものあがたぬし)・右京大松部大私部(おおきさいちべ)の誤りか。・山城国日下部宿禰(くさかべのすくね)・山城国軽我孫公(かるのあひこのきみ)・山城国堅井公(かたいのきみ)・山城国別公(わけのきみ)・大和国川俣公(かわまたのきみ)・摂津国日下部宿禰・摂津国依羅宿禰(よさみのすくね)・摂津国鴨君(かものきみ)・河内国川俣公校異:河俣公・河内国酒人造(さかひとのみやつこ)・河内国日下部(くさかべ)・和泉国日下部首(くさかべのおびと)・和泉国日下部【新撰姓氏録抄 当サイトまとめ】
  • 竹野君(たかののきみ)同祖【先代旧事本紀 巻第十 国造本紀 但遅麻国造条】
性別
男性
生年月日
(開化天皇10年1月1日 ~ 垂仁天皇2年2月9日)
  • 開化天皇かいかてんのう【日本書紀 巻第四 開化天皇六年正月甲寅条】
  • 姥津媛ははつひめ【日本書紀 巻第四 開化天皇六年正月甲寅条】
先祖
  1. 開化天皇
    1. 孝元天皇
      1. 孝霊天皇
      2. 細媛命
    2. 鬱色謎命
      1. 大矢口命
      2. 坂戸由良都姫
  2. 姥津媛
配偶者
称号・栄典とても広〜い意味です。
  • 四道将軍しどうしょうぐん【古事記 中巻 崇神天皇段】
出来事
関連
  • 三世孫:大陀牟夜別おおたむやわけ【先代旧事本紀 巻第十 国造本紀 淡海国造条】
  • 四世孫:彦命ひこのみこと【新撰姓氏録抄 第一帙 第三巻 左京皇別下 治田連条】
  • 四世孫:白髪王しらがのみこ【新撰姓氏録抄 第一帙 第三巻 左京皇別下 軽我孫条】
  • 五世孫:船穂足尼ふなほのすくね【先代旧事本紀 巻第十 国造本紀 但遅麻国造条】
  • 但遅麻国造たじまのくにのみやつこ【先代旧事本紀 巻第十 国造本紀 但遅麻国造条】