丹波道主王

名前
  • 丹波道主王【日本書紀】(たにわのみちぬしのみこ, たにはちぬし
  • 丹波道主命【日本書紀】(たにわのみちぬしのみこと, たにはちぬし
  • 丹波比古多多須美知能宇斯王【古事記】(たにわのひこたたすみちのうしのみこ, たにはたたすうし
  • 美知能宇志王【古事記】うし
  • 旦波比古多多須美知宇斯王【古事記】(たにわのひこたたすみちのうしのみこ, たにはたたすうし
  • 旦波比古多多須美智宇斯王【古事記】(たにわのひこたたすみちのうしのみこ, たにはたたすうし
  • 美知能宇斯王【古事記】うし
  • 道主王【日本書紀】ちぬし
性別
男性
生年月日
( ~ 崇神天皇10年7月24日)
没年月日
(崇神天皇11年4月28日 ~ )
  • 彦坐王ひこいますのみこ日子坐王ひこいますのみこ【日本書紀 巻第六 垂仁天皇五年十月己卯朔条, 古事記 中巻 開化天皇段】
    • 彦湯産隅王ひこゆむすみのみこ【日本書紀 巻第六 垂仁天皇五年十月己卯朔条 一云】
  • 息長水依比売おきながのみずよりひめ【古事記 中巻 開化天皇段】
先祖
  1. 彦坐王
    1. 開化天皇
      1. 孝元天皇
      2. 鬱色謎命
    2. 姥津媛
  2. 息長水依比売
    1. 天之御影神
配偶者
  • 日葉酢媛命ひばすひめのみこと比婆須比売命ひばすひめのみこと【日本書紀 巻第六 垂仁天皇五年十月己卯朔条, 古事記 中巻 開化天皇段】【母:丹波之河上之摩須郎女たにわのかわかみのますのいらつめ
  • 渟葉田瓊入媛ぬばたにいりひめ【日本書紀 巻第六 垂仁天皇五年十月己卯朔条】【母:不明】
  • 真砥野媛まとのひめ真砥野比売命まとのひめのみこと【日本書紀 巻第六 垂仁天皇五年十月己卯朔条, 古事記 中巻 開化天皇段】【母:丹波之河上之摩須郎女たにわのかわかみのますのいらつめ
  • 薊瓊入媛あざみにいりひめ【日本書紀 巻第六 垂仁天皇五年十月己卯朔条】【母:不明】
  • 竹野媛たかのひめ【日本書紀 巻第六 垂仁天皇五年十月己卯朔条】【母:不明】
  • 弟比売命おとひめのみこと【古事記 中巻 開化天皇段】【母:丹波之河上之摩須郎女たにわのかわかみのますのいらつめ
  • 朝廷別王みかどわけのみこ【古事記 中巻 開化天皇段】【母:丹波之河上之摩須郎女たにわのかわかみのますのいらつめ
  • 歌凝比売命うたごりひめのみこと【古事記 中巻 垂仁天皇段】【母:不明】
称号・栄典とても広〜い意味です。
  • 四道将軍しどうしょうぐん【日本書紀 巻第五 崇神天皇十年九月甲午条】
出来事
  • 彦坐王の子として生まれる。

    【日本書紀 巻第六 垂仁天皇五年十月己卯朔条】
    • 彦湯産隅王の子として生まれる。

      【日本書紀 巻第六 垂仁天皇五年十月己卯朔条 一云】
    • 日子坐王の子として生まれる。母は息長水依比売

      【古事記 中巻 開化天皇段】
  • 崇神天皇10年7月24日

    崇神天皇が群卿に詔して「民を導く本は教化にある。神祇を祀ると災害は無くなった。しかし遠くの荒ぶる人々は、いまだに正朔を受けず、王化に習っていない。そこで郡卿を選んで四方に遣わし、朕の教化を知らしめよう」と。

    【日本書紀 巻第五 崇神天皇十年七月己酉条】
  • 崇神天皇10年9月9日

    崇神天皇
    大彦命北陸(くぬがのみち)に遣わした。
    武渟川別東海(うみつみち)に遣わした。
    吉備津彦西道(にしのみち)に遣わした。
    丹波道主命を丹波(たにわ)に遣わした。
    そして「もし教えを受けなければ討伐せよ」と詔して印綬を将軍に授けた。

    【日本書紀 巻第五 崇神天皇十年九月甲午条】
  • 崇神天皇10年10月1日

    天皇が群臣に詔して「叛く者は悉く屈服した。畿内(うちつくに)は無事である。しかしその外は荒ぶる者がいて騒動は止まない。四道将軍は今すぐ出発せよ」と。

    【日本書紀 巻第五 崇神天皇十年十月乙卯朔条】
  • 崇神天皇10年10月22日

    将軍たちが出発する。

    【日本書紀 巻第五 崇神天皇十年十月丙子条】
  • 崇神天皇11年4月28日

    四道将軍戎夷(ひな)平定を報告する。

    【日本書紀 巻第五 崇神天皇十一年四月己卯条】
  • 垂仁天皇15年2月10日

    娘の日葉酢媛渟葉田瓊入媛真砥野媛薊瓊入媛竹野媛が後宮に迎えられる。

    【日本書紀 巻第六 垂仁天皇十五年二月甲子条】
  • 垂仁天皇15年8月1日

    娘の日葉酢媛命垂仁天皇の皇后となった。
    渟葉田瓊入媛真砥野媛薊瓊入媛は妃となった。

    竹野媛は不器量を理由に故郷に返されたが、これを恥じて、葛野(かずの)で自ら輿から落ちて命を断った。

    【日本書紀 巻第六 垂仁天皇十五年八月壬午朔条】
関連
  • 同一人物?:彦多都彦命ひこたつひこのみこと【先代旧事本紀 巻第十 国造本紀 稲葉国造条】