吉備津彦命

名前
  • 吉備津彥命【日本書紀】)吉備津彦命
  • 吉備津彥【日本書紀】)吉備津彦
  • 彥五十狹芹彥命【日本書紀】いさせり)彦五十狭芹彦命
  • 五十狹芹彥命【日本書紀】(いさせり)五十狭芹彦命
  • 比古伊佐勢理毘古命【古事記】いさせり
  • 大吉備津日子命【古事記】(おおきびつひこのみこと, おほ
  • 吉備津彥五十狹芹命【新撰姓氏録抄】いさせり)吉備津彦五十狭芹命
  • 吉備都命【先代旧事本紀】)吉備都命
キーワード
  • 吉備上道臣(きびのかみつみちのおみ)之祖【古事記 中巻 孝霊天皇段】
  • 後裔は和泉国椋椅部首(くらはしべのおびと)【新撰姓氏録抄 当サイトまとめ】
  • 吉備臣等祖【先代旧事本紀 巻第七 天皇本紀 孝霊天皇紀末段】
  • 吉備臣同祖【先代旧事本紀 巻第十 国造本紀 国前国造条】
性別
男性
生年月日
( ~ 崇神天皇10年7月24日)
没年月日
(崇神天皇60年7月14日 ~ )
  • 孝霊天皇こうれいてんのう【日本書紀 巻第四 孝霊天皇二年二月丙寅条】
  • 倭国香媛やまとのくにかひめ【日本書紀 巻第四 孝霊天皇二年二月丙寅条】
先祖
  1. 孝霊天皇
    1. 孝安天皇
      1. 孝昭天皇
      2. 世襲足媛
    2. 押媛
      1. 天足彦国押人命
      2. unknown
  2. 倭国香媛
    1. 和知都美命
      1. 師木津日子命
      2. unknown
    2. unknown
  • 三井根子命みいねこのみこと【先代旧事本紀 巻第十 国造本紀 葦分国造条】【母:不明】
称号・栄典とても広〜い意味です。
  • 四道将軍しどうしょうぐん【日本書紀 巻第五 崇神天皇十年九月甲午条】
出来事
  • 孝霊天皇の皇子として生まれる。母は倭国香媛

    【日本書紀 巻第四 孝霊天皇二年二月丙寅条】
  • 崇神天皇10年7月24日

    崇神天皇が群卿に詔して「民を導く本は教化にある。神祇を祀ると災害は無くなった。しかし遠くの荒ぶる人々は、いまだに正朔を受けず、王化に習っていない。そこで郡卿を選んで四方に遣わし、朕の教化を知らしめよう」と。

    【日本書紀 巻第五 崇神天皇十年七月己酉条】
  • 崇神天皇10年9月9日

    崇神天皇
    大彦命北陸(くぬがのみち)に遣わした。
    武渟川別東海(うみつみち)に遣わした。
    吉備津彦を西道(にしのみち)に遣わした。
    丹波道主命丹波(たにわ)に遣わした。
    そして「もし教えを受けなければ討伐せよ」と詔して印綬を将軍に授けた。

    【日本書紀 巻第五 崇神天皇十年九月甲午条】
    • 若建吉備津日子命と共に、針間(はりま)氷河之前(ひかわのさき)忌瓮(いわいべ)をすえて、針間を道の入り口として吉備(きび)国を平定した。

      【古事記 中巻 孝霊天皇段】
  • 崇神天皇10年9月27日

    天皇は五十狭芹彦命を遣わして、吾田媛の軍を討たせた。即ち大坂で遮り、吾田媛を殺し、軍卒の悉くを斬った。

    【日本書紀 巻第五 崇神天皇十年九月壬子条】
  • 崇神天皇10年10月1日

    天皇が群臣に詔して「叛く者は悉く屈服した。畿内(うちつくに)は無事である。しかしその外は荒ぶる者がいて騒動は止まない。四道将軍は今すぐ出発せよ」と。

    【日本書紀 巻第五 崇神天皇十年十月乙卯朔条】
  • 崇神天皇10年10月22日

    将軍たちが出発する。

    【日本書紀 巻第五 崇神天皇十年十月丙子条】
  • 崇神天皇11年4月28日

    四道将軍戎夷(ひな)平定を報告する。

    【日本書紀 巻第五 崇神天皇十一年四月己卯条】
  • (崇神天皇60年7月14日 ~ )

    武渟河別と共に出雲振根を殺す。

    【日本書紀 巻第五 崇神天皇六十年七月己酉条】
関連
  • 六世孫:午佐自命うまさじのみこと【先代旧事本紀 巻第十 国造本紀 国前国造条】
  • 国前国造くにさきのくにのみやつこ【先代旧事本紀 巻第十 国造本紀 国前国造条】