稚武彦命

名前
  • 稚武彥命【日本書紀】(わかた)稚武彦命
  • 若日子建吉備津日子命【古事記】(わか
  • 若建吉備津日子命【古事記】(わかた
  • 若建吉備津日子【古事記】(わかた
  • 稚多祁比古命【新撰姓氏録抄】(わかた
  • 若武彥命【先代旧事本紀】(わかた)若武彦命
キーワード
  • 吉備臣(きびのおみ)之始祖【日本書紀 巻第四 孝霊天皇二年二月丙寅条】
  • 吉備下道臣(きびのしもつみちのおみ)笠臣(かさのおみ)【古事記 中巻 孝霊天皇段】
  • 吉備臣等之祖【古事記 中巻 景行天皇段】
  • 後裔は左京吉備宿禰(きびのすくね)・右京笠朝臣(かさのあそみ)・右京廬原公(いおはらのきみ)・和泉国古氏(こし)【新撰姓氏録抄 当サイトまとめ】
  • 宇自可臣(うじかのおみ)等祖【先代旧事本紀 巻第七 天皇本紀 孝霊天皇紀末段】
  • 吉備臣祖【先代旧事本紀 巻第十 国造本紀 角鹿国造条】
性別
男性
  • 孝霊天皇こうれいてんのう【日本書紀 巻第四 孝霊天皇二年二月丙寅条】
  • 絙某弟はえいろと【日本書紀 巻第四 孝霊天皇二年二月丙寅条】
先祖
  1. 孝霊天皇
    1. 孝安天皇
      1. 孝昭天皇
      2. 世襲足媛
    2. 押媛
      1. 天足彦国押人命
      2. unknown
  2. 絙某弟
    1. 和知都美命
      1. 師木津日子命
      2. unknown
    2. unknown
  • 針間之伊那毘能大郎女はりまのいなびのおおいらつめ【古事記 中巻 景行天皇段】【母:不明】
  • 伊那毘能若郎女いなびのわかいらつめ【古事記 中巻 景行天皇段】【母:不明】
  • 吉備武彦命きびのたけひこのみこと同第五巻右京皇別廬原公条では稚武彦命の孫を吉備武彦命としている。ちなみに同吉備臣条では稚武彦命の孫を御友別命としていて、日本三代実録では御友別は吉備武彦の子としている。【新撰姓氏録抄 第一帙 第二巻 左京皇別上 下道朝臣条】【母:不明】
出来事
関連
  • 稚武彦王わかたけひこのみこ
  • 孫:建功狭日命たけいさひのみこと【先代旧事本紀 巻第十 国造本紀 角鹿国造条】