播磨稲日大郎姫

名前
  • 播磨稻日大郞姬【日本書紀】(はりまのいなひのおおいらつめ, はりまいなおほいらつ)播磨稲日大郎姫
  • 播磨稻田大郞姬校異【日本書紀】(はりまのいなたのおおいらつめ, はりまいなたおほいらつ)播磨稲田大郎姫
  • 播磨太郞姬【日本書紀】(いなひのおおいらつめ, いなおほいらつ)播磨太郎姫
  • 針間之伊那毘能大郞女【古事記】(はりまのいなびのおおいらつめ, はりまいなおほいらつ)針間之伊那毘能大郎女
  • 伊那毘能大郞女【古事記】(いなびのおおいらつめ, いなおほいらつ)伊那毘能大郎女
性別
女性
生年月日
( ~ 景行天皇2年3月3日)
没年月日
景行天皇52年5月4日
先祖
  1. 若建吉備津日子
    1. 孝霊天皇
      1. 孝安天皇
      2. 押媛
    2. 絙某弟
      1. 和知都美命
      2. unknown
  2. unknown
配偶者
  • 景行天皇けいこうてんのう【日本書紀 巻第七 景行天皇二年三月戊辰条】
  • 櫛角別王くしつのわけのみこ日本書紀には見えず。【古事記 中巻 景行天皇段】【父:景行天皇けいこうてんのう
  • 大碓皇子おおうすのみこ【日本書紀 巻第七 景行天皇二年三月戊辰条, 古事記 中巻 景行天皇段】【父:景行天皇けいこうてんのう
  • 小碓尊おうすのみこと(ヤマトタケル)【日本書紀 巻第七 景行天皇二年三月戊辰条, 古事記 中巻 景行天皇段】【父:景行天皇けいこうてんのう
  • ・・・
    • 稚倭根子皇子わかやまとねこのみこ日本書紀本文では八坂入媛命の子。【日本書紀 巻第七 景行天皇二年三月戊辰条 一書云, 古事記 中巻 景行天皇段】【父:景行天皇けいこうてんのう
  • ・・・
    • 神櫛王かみくしのみこ日本書紀は母を五十河媛とする。【古事記 中巻 景行天皇段】【父:景行天皇けいこうてんのう
出来事
  • 景行天皇2年3月3日

    景行天皇の皇后となる。

    【日本書紀 巻第七 景行天皇二年三月戊辰条】
  • 景行天皇52年5月4日

    崩じる。

    【日本書紀 巻第七 景行天皇五十二年五月丁未条】
  • 仲哀天皇元年1月11日

    追贈太皇太后。

    原文には『尊皇太后追贈太皇太后』とあり、先の皇太后は八坂入媛命(成務天皇の母)だが、ここでは播磨稲日大郎姫(日本武尊の母)を指すと判断した。
    【先代旧事本紀 巻第七 天皇本紀 仲哀天皇元年正月庚子条】