神櫛皇子

名前
  • 神櫛皇子【日本書紀】(かくし, かんくしのみこ, かむくし)神櫛皇子
  • 神櫛王【古事記】(かくし, かんくしのみこ, かむくし)神櫛王
  • 神櫛別命【新撰姓氏録抄,先代旧事本紀】(かくしわ, かんくしわけのみこと, かむくしわ)神櫛別命
  • 櫛見皇命【先代旧事本紀】(くし
キーワード
  • 讃岐国造之始祖【日本書紀 巻第七 景行天皇四年二月甲子条】
  • 木国之酒部阿比古(きのくにのさかべあひこ)宇陀酒部(うだのさかべ)之祖【古事記 中巻 景行天皇段】
  • 讃岐国造祖【先代旧事本紀 巻第七 天皇本紀 景行天皇紀末段】
  • 後裔は右京讃岐公(さぬきのきみ)・和泉国酒部公(さかべのきみ)【新撰姓氏録抄 当サイトまとめ】
性別
男性
生年月日
(景行天皇12年1月1日 ~ )
  • 景行天皇けいこうてんのう【日本書紀 巻第七 景行天皇四年二月甲子条, 古事記 中巻 景行天皇段】
  • 五十河媛いかわひめ【日本書紀 巻第七 景行天皇四年二月甲子条】
先祖
  1. 景行天皇
    1. 垂仁天皇
      1. 崇神天皇
      2. 御間城姫
    2. 日葉酢媛命
      1. 丹波道主王
      2. 丹波之河上之摩須郎女
  2. 五十河媛
出来事
関連
  • 三世孫:須売保礼命すめほれのみこと【先代旧事本紀 巻第十 国造本紀 讃岐国造条】
  • 三世孫:足彦大兄王たらしひこおおえのみこ【新撰姓氏録抄 第一帙 第五巻 右京皇別下 酒部公条】
  • 讃岐国造さぬきのくにのみやつこ【日本書紀 巻第七 景行天皇四年二月甲子条】