薊瓊入媛

名前
  • 薊瓊入媛【日本書紀】(あざみにいり
  • 筋瓊入媛校異【日本書紀】(すじにいりひめ, すぢにいり
  • 阿邪美能伊理毘賣命【古事記】(あざいり)阿邪美能伊理毘売命
  • 阿邪美美能伊理毘賣命校異【古事記】(あざいり)阿邪美美能伊理毘売命
  • 薊瓊入姬【先代旧事本紀】(あざみにいり)薊瓊入姫
性別
女性
生年月日
( ~ 垂仁天皇5年10月1日)
没年月日
(垂仁天皇15年8月1日 ~ )
  • 丹波道主王たにわのみちぬしのみこ【日本書紀 巻第六 垂仁天皇五年十月己卯朔条】
先祖
  1. 丹波道主王
    1. 彦坐王
      1. 開化天皇
      2. 姥津媛
    2. 息長水依比売
      1. 天之御影神
  2. unknown
配偶者
  • 垂仁天皇すいにんてんのう【日本書紀 巻第六 垂仁天皇十五年二月甲子条】
  • 池速別命いけはやわけのみこと【日本書紀 巻第六 垂仁天皇十五年八月壬午朔条】【父:垂仁天皇すいにんてんのう
  • 稚浅津姫命わかあさつひめのみこと【日本書紀 巻第六 垂仁天皇十五年八月壬午朔条】【父:垂仁天皇すいにんてんのう
  • ・・・
    • 五十速石別命いはやしわけのみこと【先代旧事本紀 巻第七 天皇本紀 垂仁天皇十五年八月壬午朔条】【父:垂仁天皇すいにんてんのう
  • ・・・
    • 五十日足彦命いかたらしひこのみこと【先代旧事本紀 巻第七 天皇本紀 垂仁天皇十五年八月壬午朔条】【父:垂仁天皇すいにんてんのう
出来事
  • 垂仁天皇5年10月1日

    皇后狭穂姫が亡くなる直前に、丹波道主王の五人の娘を後宮に入れるを懇願する。

    【日本書紀 巻第六 垂仁天皇五年十月己卯朔条】
  • 垂仁天皇15年2月10日

    後宮に迎えられる。

    【日本書紀 巻第六 垂仁天皇十五年二月甲子条】
  • 垂仁天皇15年8月1日

    垂仁天皇の妃となる。

    【日本書紀 巻第六 垂仁天皇十五年八月壬午朔条】
関連
  • 弟比売命おとひめのみこと同一人物の可能性あり。