竹野媛

名前
  • 竹野媛【日本書紀】(たか, たけ
性別
女性
生年月日
( ~ 垂仁天皇5年10月1日)
没年月日
垂仁天皇15年(2月10日 ~ 8月)
  • 丹波道主王たにわのみちぬしのみこ【日本書紀 巻第六 垂仁天皇五年十月己卯朔条】
先祖
  1. 丹波道主王
    1. 彦坐王
      1. 開化天皇
      2. 姥津媛
    2. 息長水依比売
      1. 天之御影神
  2. unknown
出来事
  • 垂仁天皇5年10月1日

    皇后狭穂姫が亡くなる直前に、丹波道主王の五人の娘を後宮に入れるを懇願する。

    【日本書紀 巻第六 垂仁天皇五年十月己卯朔条】
  • 垂仁天皇15年2月10日

    後宮に迎えられる。

    【日本書紀 巻第六 垂仁天皇十五年二月甲子条】
  • 垂仁天皇15年(2月10日 ~ 8月)亡くなる日がはっきりしないため、後宮に入った日から記事の月(旧暦)の範囲とする。

    姿形が醜いため国に返された。
    しかし返されることを恥じて、葛野(かずの)で輿から落ちて死んだ。それでその地を名付けて堕国(おちくに)という。今は訛って弟国(おとくに)という。

    【日本書紀 巻第六 垂仁天皇十五年八月壬午朔条】
関連
  • 円野比売命まどのひめのみこと古事記では円野比売命(日本書紀では真砥野媛)が、故郷に帰る途中に亡くなる。