名前
  • 穴穗部間人皇女【日本書紀】(あなほはし)穴穂部間人皇女
  • 泥部穴穗部皇女【日本書紀】(はしあなほ)泥部穴穂部皇女
  • 間人穴太部王【古事記】(はしあなほ
  • 間人穴大部王校異【古事記】
  • 穴穗部間人王【上宮聖徳法王帝説】(あなほはし)穴穂部間人王
  • 穴太部間人王【上宮聖徳法王帝説】(あなほはし
  • 鬼前太后【法隆寺金堂釈迦三尊像光背銘】(かんさきのおおきさき, かむさおほきさき)
  • 鬼前大后【上宮聖徳法王帝説】(かんさきのおおきさき, かむさおほきさき)
  • 神前皇后【上宮聖徳法王帝説】(かんさきのきさき, かむさきさき)神前皇后
  • 穴太部王【上宮聖徳法王帝説】(あなほ
  • 孔部間人公主【上宮聖徳法王帝説,天寿国曼荼羅繡帳縁起勘点文】(あなはし
  • 孔部間人母王【上宮聖徳法王帝説】
  • 孔部間人王【天寿国曼荼羅繡帳縁起勘点文】(あなはし
  • 間人孔部王【聖徳太子平氏伝雑勘文】(はしあな
  • 埿部穴穗部皇女【先代旧事本紀】(はしあなほ)埿部穴穂部皇女
  • 埿部穴穗皇女校異。小姉君第三子を埿部穴穂部皇女、第四子を埿部穴穗皇女とするものもある。【先代旧事本紀】(はしあなほ)埿部穴穂皇女
生年月日
( ~ 用明天皇元年1月1日)
没年月日
推古天皇29年12月21日
  • 欽明天皇きんめいてんのう【日本書紀 巻第十九 欽明天皇二年三月条】
  • 小姉君おあねのきみ【日本書紀 巻第十九 欽明天皇二年三月条】
先祖
  1. 欽明天皇
    1. 継体天皇
      1. 彦主人王
      2. 振媛
    2. 手白香皇女
      1. 仁賢天皇
      2. 春日大娘皇女
  2. 小姉君
    1. 蘇我稲目
      1. 蘇我馬背
    2. unknown
配偶者
  • 用明天皇ようめいてんのう【日本書紀 巻第二十一 用明天皇元年正月壬子朔条, 上宮聖徳法王帝説】
  • 多米王ためのみこ【上宮聖徳法王帝説】
  • 厩戸皇子うまやとのみこ聖徳太子しょうとくたいし【日本書紀 巻第二十一 用明天皇元年正月壬子朔条, 上宮聖徳法王帝説】【父:用明天皇ようめいてんのう
  • 来目皇子くめのみこ【日本書紀 巻第二十一 用明天皇元年正月壬子朔条, 上宮聖徳法王帝説】【父:用明天皇ようめいてんのう
  • 殖栗皇子えくりのみこ【日本書紀 巻第二十一 用明天皇元年正月壬子朔条, 上宮聖徳法王帝説】【父:用明天皇ようめいてんのう
  • 茨田皇子まんだのみこ【日本書紀 巻第二十一 用明天皇元年正月壬子朔条, 上宮聖徳法王帝説】【父:用明天皇ようめいてんのう
  • 佐富女王さとみのひめみこ【上宮聖徳法王帝説】【父:多米王ためのみこ
子孫
  1. 聖徳太子
    1. 舂米女王
      1. 難波麻呂古王
      2. 麻呂古王
      3. 弓削王
      4. 佐々女王
      5. 三島女王
      6. 甲可王
      7. 尾治王
    2. 泊瀬仲王
      1. 葛城王
      2. 多智奴女王
      3. 蜂子皇子
      4. 錦代皇女
    3. 久波太女王
    4. 波止利女王
    5. 三枝王
    6. 伊止志古王
    7. 麻呂古王
    8. 馬屋古女王
    9. 山背大兄王
      1. 難波麻呂古王
      2. 麻呂古王
      3. 弓削王
      4. 佐々女王
      5. 三島女王
      6. 甲可王
      7. 尾治王
    10. 財王
    11. 日置王
    12. 片岡女王
    13. 白髪部王
    14. 手島女王
  2. 来目皇子
    1. 男王
    2. 星河女王
    3. 佐富王
    4. 高椅王
  3. 殖栗皇子
  4. 茨田皇子
  5. 佐富女王
    1. 葛城王
    2. 多智奴女王
出来事
  • 欽明天皇の皇女として生まれる。母は小姉君

    【日本書紀 巻第十九 欽明天皇二年三月条】
  • 用明天皇元年1月1日

    用明天皇の皇后となる。

    【日本書紀 巻第二十一 用明天皇元年正月壬子朔条】
  • 用明天皇2年4月9日

    用明天皇が崩じる。

    【日本書紀 巻第二十一 用明天皇二年四月癸丑条】
  • (用明天皇2年4月9日 ~ )【日本書紀 巻第二十一 用明天皇二年四月癸丑条】

    多米王に娶られる。

    【上宮聖徳法王帝説, 聖徳太子平氏伝雑勘文 下三 大宮太子御子孫并妃等事 上宮記下巻注云】
  • 推古天皇29年12月21日

    日の入りに崩じる。

    【上宮聖徳法王帝説 法隆寺蔵繍帳二張縫著亀背上文字, 天寿国曼荼羅繡帳縁起勘点文】
    • 推古天皇29年12月

      法興崇峻天皇四年を元年とする年号。元丗一年、辛巳年十二月に崩じる。

      【法隆寺金堂釈迦三尊像光背銘】
  • 推古天皇30年2月22日

    夜半に太子が崩じる。

    【上宮聖徳法王帝説 法隆寺蔵繍帳二張縫著亀背上文字, 天寿国曼荼羅繡帳縁起勘点文】
  • (推古天皇30年2月22日 ~ )

    時に多至波奈大女郎は悲しみ嘆息して言うには「畏き天皇の前で申し上げるのは勘点文はここに「皇前曰啓」を置く。ここでは勘点文に従う。恐れ多いことですが、懐く心を止めるのは難しいのです。我が大王と母王が期を同じくして従遊されました。痛酷は比べようがありません。我が大王のお告げでは、世間は虚仮であり、ただ仏のみが真であると仰いました。その法を玩味すると、我が大王はまさに天寿国の中に生まれるべきだと思うのです。しかしその国の形は目には見えません。願わくは図像に因り、大王帝説知恩院本は「往」、勘点文は「住」とする。帝説に従う。生のお姿を拝見したいと思います」と。
    天皇はこれを聞いて悽然帝説知恩院本は「悽状一」とするが誤りであろう。勘点文に従い「悽然」に改めた。として言うには「我が孫が申すことは誠である。その通りにせよ」と。
    諸々の采女らに勅して繍帷二張を造らせた。

    画者は東漢末賢高麗加西溢、また漢奴加己利
    令者は椋部秦久麻

    【上宮聖徳法王帝説 法隆寺蔵繍帳二張縫著亀背上文字, 天寿国曼荼羅繡帳縁起勘点文】