振媛

名前
  • 振媛【日本書紀】(ふり
  • 振姬【釈日本紀】(ふりひめ)振姫
  • 布利比彌命【釈日本紀】(ふりひみのみこと)布利比弥命
性別
女性
生年月日
( ~ 継体天皇元年2月4日)
没年月日
(継体天皇元年2月4日 ~ 宣化天皇4年12月5日)
  • 乎波智君おはちのきみ【釈日本紀 巻十三 述義九 第十七 男大迹天皇条 上宮記曰 一云】
  • 阿那爾比弥あなにひみ【釈日本紀 巻十三 述義九 第十七 男大迹天皇条 上宮記曰 一云】
先祖
  1. 乎波智君
    1. 阿加波智君
      1. 麻和加介
  2. 阿那爾比弥
配偶者
  • 彦主人王ひこうしのみこ【釈日本紀 巻十三 述義九 第十七 男大迹天皇条】
  • 男大迹王おおどのみこ継体天皇けいたいてんのう【日本書紀 巻第十七 継体天皇即位前紀】【父:彦主人王ひこうしのみこ
出来事
  • 彦主人王は振媛の容姿が甚だ端麗であることを聞いて、近江国の高島郡(たかしまのこおり)三尾(みお)の別邸から使いを遣わして三国(みくに)坂中井(さかない)中。此云那。に迎えて召し入れて妃とした。そして天皇継体天皇が産まれた。

    天皇が幼年の頃に父王は薨じた。

    【日本書紀 巻第十七 継体天皇即位前紀】
  • 継体天皇元年2月4日

    男大迹王の即位に伴い、皇太夫人媛校異:皇太夫人となる。

    【先代旧事本紀 巻第九 帝皇本紀 継体天皇元年二月甲午条】
  • 宣化天皇4年12月5日

    追贈太皇太后。

    「皇太后に追贈して太皇太后とする」とあるが、皇太夫人媛である振媛を指すと判断。
    【先代旧事本紀 巻第九 帝皇本紀 欽明天皇即位前紀 宣化天皇四年十二月甲申条】