名前
  • 振媛【日本書紀】(ふり
  • 振姬【釈日本紀】(ふりひめ)振姫
  • 布利比彌命【釈日本紀】(ふりひみのみこと)布利比弥命
生年月日
( ~ 継体天皇元年2月4日)
没年月日
(宣化天皇4年12月5日 ~ )
  • 乎波智君おはちのきみ【釈日本紀 巻十三 述義九 第十七 男大迹天皇条 上宮記曰 一云】
  • 阿那爾比弥あなにひみ【釈日本紀 巻十三 述義九 第十七 男大迹天皇条 上宮記曰 一云】
先祖
  1. 乎波智君
    1. 阿加波智君
      1. 麻和加介
  2. 阿那爾比弥
配偶者
  • 彦主人王ひこうしのみこ【釈日本紀 巻十三 述義九 第十七 男大迹天皇条】
  • 男大迹王おおどのみこ継体天皇けいたいてんのう【日本書紀 巻第十七 継体天皇即位前紀】【父:彦主人王ひこうしのみこ
子孫
  1. 継体天皇
    1. 安閑天皇
    2. 宣化天皇
      1. 石姫皇女
      2. 小石姫皇女
      3. 倉稚綾姫皇女
      4. 上殖葉皇子
      5. 火焔皇子
      6. 日影皇女
      7. 宅部皇子
    3. 欽明天皇
      1. 箭田珠勝大兄皇子
      2. 敏達天皇
      3. 笠縫皇女
      4. 上王
      5. 倉皇子
      6. 用明天皇
      7. 磐隈皇女
      8. 臘嘴鳥皇子
      9. 推古天皇
      10. 椀子皇子
      11. 大宅皇女
      12. 石上部皇子
      13. 山背皇子
      14. 大伴皇女
      15. 桜井皇子
      16. 肩野皇女
      17. 橘本稚皇子
      18. 舎人皇女
      19. 茨城皇子
      20. 葛城皇子
      21. 穴穂部間人皇女
      22. 泥部穴穂部皇子
      23. 崇峻天皇
      24. 春日山田皇女
      25. 橘麻呂皇子
    4. 大郎皇子
    5. 出雲皇女
    6. 神前皇女
    7. 茨田皇女
    8. 馬来田皇女
    9. 荳角皇女
    10. 茨田大娘皇女
    11. 白坂活日姫皇女
    12. 小野稚郎皇女
    13. 大娘子皇女
    14. 椀子皇子
    15. 耳皇子
    16. 赤姫皇女
    17. 稚綾姫皇女
    18. 円娘皇女
    19. 厚皇子
    20. 兎皇子
    21. 中皇子
出来事
  • 彦主人王は振媛の容姿が甚だ端麗であることを聞いて、近江国の高島郡(たかしまのこおり)三尾(みお)の別邸から使いを遣わして三国(みくに)坂中井(さかない)中。此云那。に迎えて召し入れて妃とした。そして天皇継体天皇が産まれた。

    天皇が幼年の頃に父王は薨じた。

    【日本書紀 巻第十七 継体天皇即位前紀】
  • 継体天皇元年2月4日

    男大迹王の即位に伴い、皇太夫人媛校異:皇太夫人となる。

    【先代旧事本紀 巻第九 帝皇本紀 継体天皇元年二月甲午条】
  • 宣化天皇4年12月5日

    追贈太皇太后。

    「皇太后に追贈して太皇太后とする」とあるが、皇太夫人媛である振媛を指すと判断。
    【先代旧事本紀 巻第九 帝皇本紀 欽明天皇即位前紀 宣化天皇四年十二月甲申条】