彦主人王

名前
  • 彥主人王【日本書紀】うし)彦主人王
  • 汙斯王【釈日本紀】(うしのみこ)
性別
男性
  • 乎非王おいのみこ【釈日本紀 巻十三 述義九 第十七 男大迹天皇条 上宮記曰 一云】
  • 久留比売命くるひめのみこと【釈日本紀 巻十三 述義九 第十七 男大迹天皇条 上宮記曰 一云】
先祖
  1. 乎非王
    1. 意富富等王
      1. 若野毛二俣王
      2. 百師木伊呂弁
    2. 中斯知命
  2. 久留比売命
    1. 牟義都伊自牟良
配偶者
  • 振媛ふりひめ【日本書紀 巻第十七 継体天皇即位前紀】
  • 男大迹王おおどのみこ継体天皇けいたいてんのう【日本書紀 巻第十七 継体天皇即位前紀】【母:振媛ふりひめ
出来事
  • 彦主人王は振媛の容姿が甚だ端麗であることを聞いて、近江国の高島郡(たかしまのこおり)三尾(みお)の別邸から使いを遣わして三国(みくに)坂中井(さかない)中。此云那。に迎えて召し入れて妃とした。そして天皇継体天皇が産まれた。

    天皇が幼年の頃に父王は薨じた。

    【日本書紀 巻第十七 継体天皇即位前紀】