物部多遅麻

名前
  • 氏(ウジ):物部【先代旧事本紀】(も
  • 姓(カバネ):連公【先代旧事本紀】(むらじ)連公
  • 姓(カバネ):連【先代旧事本紀】(むらじ)連
  • 名:多遲麻【先代旧事本紀】(たじま, たぢま)多遅麻
性別
男性
生年月日
( ~ 仲哀天皇9年2月5日)
没年月日
(神功皇后摂政元年10月2日 ~ )
  • 物部武諸隅もののべのたけもろすみ【先代旧事本紀 巻第五 天孫本紀】
  • 清媛きよひめ【先代旧事本紀 巻第五 天孫本紀】
先祖
  1. 物部武諸隅
    1. 大新河命
      1. 伊香色雄命
      2. 荒姫
    2. 中日女
      1. unknown
      2. 紀伊荒川戸俾
  2. 清媛
    1. 物部胆咋
      1. 十市根命
      2. 時姫
    2. unknown
配偶者
  • 安媛やすひめ【先代旧事本紀 巻第五 天孫本紀】
  • 物部印葉もののべのいにば【先代旧事本紀 巻第五 天孫本紀】【母:安媛やすひめ
  • 物部山無媛もののべのやまなしひめ【先代旧事本紀 巻第五 天孫本紀】【母:安媛やすひめ
  • 物部伊与もののべのいよ【先代旧事本紀 巻第五 天孫本紀】【母:安媛やすひめ
  • 物部小神もののべのおかみ【先代旧事本紀 巻第五 天孫本紀】【母:安媛やすひめ
  • 物部大別もののべのおおわけ【先代旧事本紀 巻第五 天孫本紀】【母:安媛やすひめ
  • 香児媛かこひめ【先代旧事本紀 巻第五 天孫本紀】【母:不明】
  • 小甂媛おなべひめ【先代旧事本紀 巻第八 神皇本紀 応神天皇二年四月壬子条】【母:不明】
称号・栄典とても広〜い意味です。
  • 大連おおむらじ【先代旧事本紀 巻第七 天皇本紀 神功皇后摂政元年十月甲子条】
出来事
  • 仲哀天皇9年2月5日

    神功皇后武内宿禰仲哀天皇の喪を隠し、天下に知らせなかった。
    そして皇后は、武内宿禰及び中臣烏賊津連大三輪大友主君物部胆咋連大伴武以連・物部多遅麻連に詔して「いま天下は天皇の崩御を知らない。もし百姓が知れば怠る者が現れるか」と。
    即ち命じて「大夫は百寮を率いて宮中を守り、密かに天皇の遺骸を収め、武内宿禰に任せて海路から穴門(あなと)に移して、豊浦宮(とゆらのみや)で殯せよ」と。

    日本書紀には物部多遅麻の名はない。
    【先代旧事本紀 巻第七 天皇本紀 仲哀天皇九年二月丁未条】
  • 神功皇后摂政元年10月2日

    大連となる。

    【先代旧事本紀 巻第七 天皇本紀 神功皇后摂政元年十月甲子条】
    • 景行天皇の御世に大連となる。

      【先代旧事本紀 巻第五 天孫本紀】