物部十千根

名前
  • 氏(ウジ):物部(も
  • 姓(カバネ):連(むらじ)連
  • 姓(カバネ):連公【先代旧事本紀】(むらじ)連公
  • 名:十千根【日本書紀】(とおちね, をちね)
  • 物部十千根大連【日本書紀】(もののべのとおちねのおおむらじ, もをちねおほむらじ)物部十千根大連
  • 十千根大連【日本書紀】(とおちねのおおむらじ, をちねおほむらじ)十千根大連
  • 十市根命【先代旧事本紀】(とおちねのみこと, をちね
  • 止知尼大連【新撰姓氏録抄】(とちねのおおむらじ, ちねおほむらじ)止知尼大連
  • 止智尼大連校異【新撰姓氏録抄】(とちねのおおむらじ, ちねおほむらじ)止智尼大連
  • 止知尾大連校異【新撰姓氏録抄】止知尾大連
  • 十千尼大連【新撰姓氏録抄】(とおちねのおおむらじ, をちねおほむらじ)十千尼大連
キーワード
  • 物部連(もののべのむらじ)遠祖【日本書紀 巻第六 垂仁天皇二十五年二月甲子条】
  • 後裔は和泉国若桜部造(わかさくらべのみやつこ)「履中天皇の御世、桜の花を採って献じたことから物部連(もののべのむらじ)を改めて若桜部造(わかさくらべ)の姓を賜った」とある。・和泉国安幕首(あまくのおびと)校異:安幕・安蟇・安蟇物部【新撰姓氏録抄 当サイトまとめ】
生年月日
( ~ 垂仁天皇23年8月4日)
没年月日
(垂仁天皇87年2月5日 ~ )
  • 伊香色雄命いかがしこおのみこと【先代旧事本紀 巻第五 天孫本紀】
  • 玉手姫たまてひめ【先代旧事本紀 巻第五 天孫本紀】
先祖
  1. 伊香色雄命
    1. 大綜杵命
      1. 大矢口命
      2. 坂戸由良都姫
    2. 高屋阿波良姫
  2. 玉手姫
    1. 長溝
配偶者
  • 時姫ときひめ【先代旧事本紀 巻第五 天孫本紀】
  • 物部胆咋もののべのいくい【先代旧事本紀 巻第五 天孫本紀】【母:時姫ときひめ
  • 物部止志奈もののべのとしな【先代旧事本紀 巻第五 天孫本紀】【母:時姫ときひめ
  • 物部片堅石もののべのかたかたし【先代旧事本紀 巻第五 天孫本紀】【母:時姫ときひめ
  • 物部印岐美もののべのいきみ【先代旧事本紀 巻第五 天孫本紀】【母:時姫ときひめ
  • 物部金弓もののべのかなゆみ【先代旧事本紀 巻第五 天孫本紀】【母:時姫ときひめ
子孫
  1. 物部胆咋
    1. 清媛
      1. 物部多遅麻
    2. 物部五十琴
      1. 物部伊莒弗
      2. 物部麦入
      3. 物部石持
    3. 物部五十琴姫命
      1. 五十功彦命
    4. 物部五十琴彦
      1. 物部目古
      2. 物部牧古
      3. 安媛
    5. 物部竺志
    6. 物部竹古
      1. 弟媛
    7. 物部椋垣
  2. 物部止志奈
  3. 物部片堅石
  4. 物部印岐美
  5. 物部金弓
称号・栄典とても広〜い意味です。
  • 垂仁五大夫すいにんごたいふ【日本書紀 巻第六 垂仁天皇二十五年二月甲子条】
  • 大連おおむらじ【日本書紀 巻第六 垂仁天皇二十六年八月庚辰条】
出来事
  • 垂仁天皇23年8月4日

    五大夫の一人となる。

    【先代旧事本紀 巻第七 天皇本紀 垂仁天皇二十三年八月己亥条】
  • 垂仁天皇25年2月8日

    垂仁天皇五大夫に言うには「先皇御間城入彦五十瓊殖天皇崇神天皇は賢く聖であり、欽み明かにして聡く、深く謙虚に執り、志半ばで退いた。万機を治めて神祇を礼祭し、己れに厳しく勤め、日々を慎んだ。それで人民は豊かになり、天下は太平である。今朕の世に当たり、神祇を祭祀することを怠ってはならない」と。

    【日本書紀 巻第六 垂仁天皇二十五年二月甲子条】
  • 垂仁天皇26年8月3日

    垂仁天皇は物部十千根大連に勅して「しばしば出雲国に使者を遣わして、その国の神宝を検めさせたが、はっきりと申す者もいない。お前が出雲に行って調べなさい」と。
    十千根大連は神宝を調べてはっきりと報告した。それで神宝を司らせた。

    【日本書紀 巻第六 垂仁天皇二十六年八月庚辰条】
  • 垂仁天皇81年2月1日

    物部連公(もののべのむらじきみ)の姓を賜る。即ち大連となる。

    【先代旧事本紀 巻第七 天皇本紀 垂仁天皇八十一年二月壬辰朔条】
  • 垂仁天皇87年2月5日

    五十瓊敷命が妹の大中姫に言うには「私は老いたので神宝を掌ることができない。今後はお前が掌りなさい」と。
    大中姫命が言うには「私はか弱い女です。どうやって天神庫(あめのほくら)神庫。此云保玖羅。に登れましょうか」と。
    五十瓊敷命が言うには「神庫が高いといっても、私が神庫に梯子を造る。神庫に登れないことはない」と。
    それで諺に「天神庫も樹梯(はしだて)のままに」と言うのは、これがそのもとである。
    そして大中姫命は物部十千根大連に授けて治めさせた。それで物部連らが今に至るまで石上の神宝を治めるのは、これがもとである。

    昔、丹波国(たにわのくに)桑田村(くわたのむら)甕襲という名の人がいた。
    甕襲の家には犬がいて、名を足往(あゆき)といった。この犬は牟士那(むじな)という名の山獣を食い殺した。すると獣の腹に八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)があり、これを献上した。この玉は今、石上神宮にある。

    【日本書紀 巻第六 垂仁天皇八十七年二月辛卯条】
関連
  • 七世祖:速日命はやひのみこと【新撰姓氏録抄 第二帙 第二十巻 和泉国神別 天神 若桜部造条】