稚足姫皇女

名前
  • 稚足姬皇女【日本書紀】(わかたらし)稚足姫皇女
  • 栲幡姬皇女【日本書紀】(たくはた)栲幡姫皇女
  • 栲幡娘姬皇女校異【日本書紀】(たくはたいらつ)栲幡娘姫皇女
  • 若帶比賣命【古事記】(わかたらし)若帯比売命
  • 栲幡皇女【日本書紀】(たくはた
没年月日
雄略天皇3年4月
  • 雄略天皇ゆうりゃくてんのう【日本書紀 巻第十四 雄略天皇元年三月是月条】
  • 葛城韓媛かずらきのからひめ【日本書紀 巻第十四 雄略天皇元年三月是月条】
先祖
  1. 雄略天皇
    1. 允恭天皇
      1. 仁徳天皇
      2. 磐之媛命
    2. 忍坂大中姫命
      1. 稚野毛二派皇子
      2. 百師木伊呂弁
  2. 葛城韓媛
    1. 葛城円
      1. 葛城葦田宿禰
      2. unknown
出来事
  • 雄略天皇の皇女として生まれる。母は韓媛

    【日本書紀 巻第十四 雄略天皇元年三月是月条】
  • 伊勢太神(いせのおおかみ)を祠った。

    【先代旧事本紀 巻第八 神皇本紀 雄略天皇紀末段】
  • 雄略天皇3年4月

    阿閉臣国見が栲幡皇女と湯人(ゆえ)皇子・皇女を養育する湯坐。『湯人。此云臾衞』廬城部連武彦を貶めるために「武彦は皇女を犯して妊娠させました」と讒言した。

    武彦の父の枳莒喩はこの流言を聞いて、禍が身に及ぶことを恐れた。
    武彦廬城河(いおきのかわ)に誘い出すと、鵜飼の真似をして欺き、不意をついて打ち殺した。

    雄略天皇は使者を遣わして皇女に尋ねた。皇女は「私は知りません」と答えた。
    にわかに皇女は神鏡を持ち出すと五十鈴河(いすずのかわ)のほとりにやってきて、人の往来がないところを伺って鏡を埋めて経死した。

    天皇は皇女の不在を疑って闇夜をあちこち探させた。
    すると河のほとりに虹が見えた。蛇のようで四、五丈の長さだった。
    虹の起ったところを掘ると神鏡が出てきた。近くで皇女の屍を見つけた。
    割いてみると腹の中には水のようなものがあった。水の中には石があった。
    枳莒喩はこれによって子の罪を雪ぐことができた。
    子を殺してしまったことを悔い、報復に国見を殺そうとしたが、石上(いそのかみ)神宮に逃げ隠れた。

    【日本書紀 巻第十四 雄略天皇三年四月条】