名前
  • 下照姬【日本書紀】(したてる)下照姫
  • 高姬【日本書紀】(たか)高姫
  • 稚國玉【日本書紀】(わかくにたま)稚国玉
  • 下照媛【日本書紀】(したてる
  • 高比賣命【古事記】(たか)高比売命
  • 下光比賣命【古事記】(したてる)下光比売命
  • 下照比賣【古事記】(したてる)下照比売
  • 顕国玉うつしくにたま大国主神おおくにぬしのかみ【日本書紀 巻第二 神代下第九段, 古事記 上巻】
先祖
  1. 顕国玉
    1. 天之冬衣神
      1. 淤美豆奴神
      2. 布帝耳神
    2. 刺国若比売
      1. 刺国大神
  2. 多紀理毘売命
    1. 素戔嗚尊
      1. 伊奘諾尊
      2. 伊奘冉尊
    2. unknown
配偶者
  • 天稚彦あめわかひこ【日本書紀 巻第二 神代下第九段】
出来事
  • 葦原中国(あしはらのなかつくに)に降りた天稚彦に娶られる。
    その後、天稚彦高皇産霊尊の投げ下ろした天羽羽矢(あめのははや)に当たって死んだ際に、哭き悲しみ、声は天まで達した。

    【日本書紀 巻第二 神代下第九段】
    • 味耜高彦根神は装いが美しくて、二つの丘・二つの谷の間を照らすほどだった。
      それで妹の下照媛が、集まる人に丘・谷を照らすのは味耜高彦根神ということを知らせるために歌を詠んだ。

      ()()()()() ()()()()()()() ()()()()() ()()()()()()()() ()()()()()() ()()() ()()()()()() ()()()()()()()()()

      また歌を詠んだ。

      ()()()()() ()()()()() ()()()()()西()() ()()()()()()()() ()()()()() ()()()()()()() ()()()()() ()()()()()() ()()()()()()()()

      この両首は今、夷曲(ひなぶり)と名付けている。

      【日本書紀 巻第二 神代下第九段 一書第一 或云】
    • 天若日子の妻の下照比売の泣き声は響いて、風と共に天に至った。天にいる天若日子の父の天津国玉神は、その妻子の声を聞き、天降って泣き悲しんだ。そしてそこに喪屋を建てた。河雁をきさり持食物を運ぶ係。とし、鷺を掃持(ははきもち)掃除係。とし、翠鳥(そにどり)カワセミの古名。御食人(みけびと)死者に供える食物を調理する係。とし、雀を碓女(うすめ)米つき女。とし、雉を哭女(なきめ)泣き女。とした。このように定めて、八日八夜の間、歌舞をした。
      このとき、阿遅志貴高日子根神がやって来て、天若日子を弔うとき、天降った天若日子の父、またその妻が皆泣いて、「我が子は死なずに生きていたのだ。我が夫は死なずに生きておられたのだ」と言って、手足を取って泣き悲しんだ。間違えたわけは、この二柱の神の容姿がとてもよく似ていたからである。それでこのように間違えたのである。
      阿遅志貴高日子根神は激怒して、「私は親しい友を弔うためにやって来たのだ。なぜ私を穢れた死人と比べるのだ」と言うと、佩いていた十掬剣(とつかのつるぎ)を抜いて、その喪屋を切り倒し、足で蹴飛ばした。これが美濃国(みののくに)藍見河(あいみがわ)の河上にある喪山(もやま)である。その持って切った大刀(たち)の名は大量(おおはかり)という。またの名を神度剣(かむどのつるぎ)という。
      それで阿治志貴高日子根神は怒って飛び去るとき、その同母妹の高比売命に、その名を明らかにしようと思って歌を詠んだ。

      ()()()()() ()()()()()()() ()()()()() ()()()()()()() ()()()()() ()()()()()() ()()() ()()()()()() ()()()()()() ()()()()()()()()

      この歌は夷振(ひなぶり)である。

      【古事記 上巻】
    • 時に天稚彦の妻の下照姫の泣き声が、風に響いて天に届いた。
      天に居た天稚彦の父の天津国玉神と妻子は、その泣き声を聞いて天稚彦が亡くなったことを知った。そして疾風を使って遺体を天に上げた。そして喪屋を造って河雁(かわかり)持傾頭者(きさりもち)とし、以(さぎ)持掃者(ははきもち)とし、翠鳥(そに)御食人(みけびと)とし、(すずめ)碓舂女(つきめ)とし、(きぎし)哭女(なきめ)とし、(かけ)尸者(ものまさ)とし、鷦鷯(さざき)哭者(なきめ)とし、(とび)造綿者(わたつくり)とし、(からす)完人(ししひと)とし、凡ての鳥を集めて事を任せた。そして八日八夜泣き、悲しむ歌は極まった。

      【先代旧事本紀 巻第三 天神本紀】
    • 倭国の葛上郡(かずらきのかみこおり)雲櫛社(くもくしのやしろ)に鎮座している。

      【先代旧事本紀 巻第四 地祇本紀】