名前
  • 久取柔利【日本書紀】(くすぬり)
生年月日
( ~ 541年6月9日)
没年月日
(544年11月30日 ~ )
出来事
  • 541年(5月11日 ~ 6月9日)

    安羅(あら)次旱岐夷呑奚大不孫・久取柔利・加羅(から)上首位古殿奚卒麻(そちま)旱岐(かんき)散半奚(さんはんげ)の旱岐の子・多羅(たら)下旱岐夷他斯二岐(しにき)の旱岐の子・子他(した)の旱岐らと、任那の日本府の吉備臣「闕名字」とある。が百済に赴いて詔書を承った。

    百済の聖明王が任那の旱岐らに言うには「日本の天皇の詔するところは、もっぱら任那を再建せよということである。今どのような策を用いて任那を再建できようか。各々忠を尽くして御心を伸べて安んじようではないか」と。

    任那の旱岐らが答えて言うには「再三新羅と議りましたが返答はありません。また図る旨を新羅に告げても返答はないでしょう。今皆で使いを遣わして天皇に奏上しましょう。任那を再建する大王のご意思は慎んで承ります。誰が敢えて言葉を挟みましょう。しかし任那は新羅は国境を接しています。恐れることは卓淳(とくじゅん)らと同じ禍「『ら』とは㖨己呑(とくことん)・加羅(から)をいう。意は卓淳らの国に亡国の禍があるからである」とある。を被ることです」と。

    聖明王が言うには「昔、我が先祖の速古王貴首王の御世に安羅・加羅・卓淳の旱岐らが初めて使いを遣わして相通じて厚く親交を結んだ。子弟のように常に隆盛を願った。しかし今新羅に欺かれて、天皇の怒りを買い、任那から恨まれることになったのは寡人(おのれ)の過ちである。私は深く懲り悔いて、下部中佐平麻鹵城方甲背昧奴らを遣わして加羅に赴き、会于任那の日本府に会して共に盟約した。以後は思いを繋げて、任那を再建することを朝夕忘れたことはない。今天皇が『速やかに任那を再建せよ』と詔なされたので、お前たちと共に議って任那国を再建したいと思う。善きに図らえ。また任那の国境に新羅を呼んで、話を聞くかそうでないかを問う。そして皆で使いを遣わして天皇に奏上し、慎んでご教示を承ろう。もし使いが帰還しないうちに新羅が隙を伺って任那に侵攻すれば、私は救援に向う。心配はいらない。しかしよく守り備えて警戒を忘れてはならない。別にお前たちが言う『卓淳らと同じ禍を恐れる』とは、新羅が自らの強さで為したことではない。かの㖨己呑は加羅と新羅の国境で頻りに攻め敗られた。任那も救援することが出来ず、これによって亡んだ。かの南加羅(ありひしのから)は狭小で卒に備えることが出来ず、身を寄せる所も知らず、これによって亡んだ。かの卓淳は上下が離れ離れで、主自ら新羅に内応し、これによって亡んだ。これを見ると三国の敗れた理由がよく分かる。昔、新羅が高麗に援助を求め、任那と百済を攻撃したが勝てなかった。どうして新羅が独力で任那を滅ぼせようか。今、寡人とお前たちの力と心を合わせ、天皇の霊威に頼れば、任那は必ず再建できる」と。

    そして各々に物を贈り、皆喜んで帰った。

    【日本書紀 巻第十九 欽明天皇二年四月条】
  • 544年(11月30日 ~ 12月29日)

    百済が使いを遣わして、日本府の臣と任那の執事を呼んで言うには「天皇に遣わした奈率得文許勢奈率奇麻物部奈率奇非らが日本から帰還した。日本府の臣と任那国の執事は来て勅を承り、一緒に任那と相談するように」と。

    日本の吉備臣・安羅の下旱岐大不孫・久取柔利・加羅の上首位古殿奚卒麻君(そちまのきし)斯二岐君(しにきのきし)散半奚君(さんはんげのきし)の子、多羅の二首位訖乾智・子他の旱岐・久嵯の旱岐が百済に赴いた。

    百済王聖明が詔書を示して言うには「私が遣わした奈率弥麻佐奈率己連奈率用奇多らは日本に参朝して『速やかに任那を建てよ』と詔を承った。また津守連が勅を承って任那のことを問われた。それで使いを遣わして呼んだのだ。さて如何にして任那を建てようか。どうかそれぞれの計画を述べてほしい」と。
    吉備臣・任那の旱岐らが言うには「任那国を建てるのは大王の決意にかかっています。王に従って共に勅を承ります」と。
    聖明王が言うには「任那の国と我が百済は古来より子弟のような間柄である。日本府の印岐弥「任那にいる日本の臣の名である」とある。は既に新羅を討ち、さらに私を討とうとしている。また好んで新羅の虚言を聞いている。印岐弥を任那に遣わしたのは、その国を侵害するためではない「未詳」とある。。古来より新羅は無道で言葉を偽り、信を違えて卓淳を滅ぼした。助け合おうとしても、かえって後悔してしまうだろう。それで皆を呼んで共に恩詔を承り、任那の国を興して元のように永く兄弟でありたいと思う。聞くところによると新羅・安羅の両国の境には大河があり、要害の地であるという。私はここを拠点として六つの城を造ろうと思う。天皇に三千の兵士を請い、城ごとに五百を充て、我が兵士も併せ、耕作出来ないように煩わせてやれば、久礼山(くれむれ)の五城は自ずから兵を捨てて投降するであろう。卓淳の国もまた復興するであろう。兵士には私から衣食を給しよう。これが天皇に奏上しようと思う策の一つである。なお南韓(ありひしのから)郡令(こおりのつかさ)城主(きのつかさ)を置くことが、どうして天皇に違背して朝貢の道を絶ってしまうことになるのか。願いは多難を救って強敵を殲滅することである。およそその凶党は誰かに従うことを考えているであろう。北の敵は強大で、我が国は微弱である。もし南韓に郡領・城主の守りを置かなければ、この強敵を防ぐことは出来ない。また新羅を制することも出来ない。それで新羅を攻めて任那を保つのである。もしそうでなければ、恐らくは滅ぼされて参朝も出来なくなるということを天皇に奏上したいと思う。これが策の第二である。また吉備臣欽明天皇五年三月条では吉備臣も排除の対象にしていたが、ここでは本人が策に賛同しているので、同じく名前の挙がっていた的臣の誤りと思われる。河内直移那斯麻都が猶も任那国にいれば、天皇の任那を建てよという詔を実行できない。この四人をそれぞれの本貫へ移して頂くことを天皇に奏上したいと思う。これが第三の策である。日本の臣と任那の旱岐らと共に使いを遣わして、同じく天皇に奏上して恩詔を賜るようにお願いせよ」と。
    吉備臣・旱岐らが言うには「大王の述べられた三つの策は我々の心情にも適うものです。願わくは慎んで日本の大臣「任那にある日本府の大臣をいう」とある。・安羅王・加羅王にも申し上げて、共に使いを遣わして同じく天皇に奏上したいと思います。これは千載一遇の時であり、深謀遠慮しなくてはなりません」と。

    【日本書紀 巻第十九 欽明天皇五年十一月条】