大原皇女

名前
  • 大原皇女【日本書紀】(おおはらのひめみこ, おほはら
  • 太原皇女校異【日本書紀】(おおはらのひめみこ, おほはら
  • 大原郞女【古事記】(おおはらのいらつめ, おほはらいらつ)大原郎女
性別
女性
  • 応神天皇おうじんてんのう【日本書紀 巻第十 応神天皇二年三月壬子条, 先代旧事本紀 巻第五 天孫本紀】
  • 高城入姫たかきのいりひめ【日本書紀 巻第十 応神天皇二年三月壬子条】
    • 弟姫命おとひめのみこと【先代旧事本紀 巻第五 天孫本紀】
先祖
  1. 応神天皇
    1. 仲哀天皇
      1. 日本武尊
      2. 両道入姫命
    2. 神功皇后
      1. 気長宿禰王
      2. 葛城高顙媛
  2. 高城入姫
    1. 品陀真若王
      1. 五百木之入日子命
      2. 志理都紀斗売
    2. 金田屋野姫命
      1. 建稲種命
      2. 玉姫
出来事
  • 応神天皇の皇女として生まれる。母は高城入姫

    【日本書紀 巻第十 応神天皇二年三月壬子条】
関連
  • 大原皇子おおはらのみこ同一人物の可能性大。