名前
  • 弟姬【日本書紀】(お)弟姫
  • 弟日賣命【古事記】(お)弟日売命
  • 弟姬命【先代旧事本紀】(お)弟姫命
生年月日
( ~ 応神天皇2年4月3日)
没年月日
(応神天皇2年4月3日 ~ )
  • 品陀真若王ほんだのまわかのみこ【古事記 中巻 応神天皇段, 先代旧事本紀 巻第五 天孫本紀】
  • 金田屋野姫命かなたやのひめのみこと【先代旧事本紀 巻第五 天孫本紀】
先祖
  1. 品陀真若王
    1. 五百木之入日子命
      1. 景行天皇
      2. 八坂入媛命
    2. 志理都紀斗売
      1. 建伊那陀宿禰
      2. 玉姫
  2. 金田屋野姫命
    1. 建稲種命
      1. 乎止与命
      2. 真敷刀婢
    2. 玉姫
      1. 大荒田
配偶者
  • 応神天皇おうじんてんのう【日本書紀 巻第十 応神天皇二年三月壬子条】
  • 阿倍皇女あべのひめみこ【日本書紀 巻第十 応神天皇二年三月壬子条, 古事記 中巻 応神天皇段】【父:応神天皇おうじんてんのう
  • 淡路御原皇女あわじのみはらのひめみこ【日本書紀 巻第十 応神天皇二年三月壬子条, 古事記 中巻 応神天皇段】【父:応神天皇おうじんてんのう
  • 紀之菟野皇女きのうののひめみこ【日本書紀 巻第十 応神天皇二年三月壬子条, 古事記 中巻 応神天皇段】【父:応神天皇おうじんてんのう
  • 三野郎女みののいらつめ【古事記 中巻 応神天皇段】【父:応神天皇おうじんてんのう
  • ・・・
    • 大原皇女おおはらのひめみこ記紀では母を高城入姫(高木之入日売)とする。【先代旧事本紀 巻第五 天孫本紀】【父:応神天皇おうじんてんのう
  • 滋原皇女しげはらのひめみこ【先代旧事本紀 巻第五 天孫本紀】【父:応神天皇おうじんてんのう
子孫
  1. 阿倍皇女
  2. 淡路御原皇女
    1. 中日子王
    2. 伊和島王
  3. 紀之菟野皇女
  4. 三野郎女
  5. 滋原皇女
出来事
  • ( ~ 応神天皇2年4月3日)日本書紀では三月庚戌朔壬子。先代旧事本紀では四月庚戌朔壬子。暦の流れに合う四月を採用。【先代旧事本紀 巻第八 神皇本紀 応神天皇二年四月壬子条】

    応神天皇の妃となる。

    【日本書紀 巻第十 応神天皇二年三月壬子条】