名前
  • 五百城入彥皇子【日本書紀】(いおきいりひこのみこ, いほいり)五百城入彦皇子
  • 五百城之入彥皇子校異【日本書紀】(いおきのいりひこのみこ, いほいり)五百城之入彦皇子
  • 五百木之入日子命【古事記】(いおきのいりひこのみこ, いほいり
  • 五百木入彥命【新撰姓氏録】(いおきいりひこのみこと, いほいり)五百木入彦命
  • 五百城入彥命【先代旧事本紀】(いおきいりひこのみこと, いほいり)五百城入彦命
キーワード
  • 後裔は右京高篠連(たかしののむらじ)【新撰姓氏録 当サイトまとめ】
生年月日
(景行天皇14年1月1日 ~ )
  • 景行天皇けいこうてんのう【日本書紀 巻第七 景行天皇四年二月甲子条】
  • 八坂入媛命やさかいりひめのみこと【日本書紀 巻第七 景行天皇四年二月甲子条】
先祖
  1. 景行天皇
    1. 垂仁天皇
      1. 崇神天皇
      2. 御間城姫
    2. 日葉酢媛命
      1. 丹波道主王
      2. 丹波之河上之摩須郎女
  2. 八坂入媛命
    1. 八坂入彦命
      1. 崇神天皇
      2. 尾張大海媛
    2. unknown
配偶者
子孫
  1. 品陀真若王
    1. 高城入姫
      1. 額田大中彦皇子
      2. 大山守皇子
      3. 去来真稚皇子
      4. 大原皇女
      5. 澇来田皇女
    2. 仲姫命
      1. 荒田皇女
      2. 仁徳天皇
      3. 根鳥皇子
    3. 弟姫
      1. 阿倍皇女
      2. 淡路御原皇女
      3. 紀之菟野皇女
      4. 三野郎女
      5. 滋原皇女
出来事
  • (景行天皇14年1月1日 ~ )兄の成務天皇誕生以後。

    景行天皇の皇子として生まれる。母は八坂入媛命

    【日本書紀 巻第七 景行天皇四年二月甲子条】
  • 景行天皇の御子八十王の中で、若帯日子命倭建命・五百木之入日子命の三王は、太子(ひつぎのみこ)の名を負った。

    【古事記 中巻 景行天皇段】