高城入姫

名前
  • 高城入姬【日本書紀】(たかいり)高城入姫
  • 高木之入日賣命【古事記】(たかいり)高木之入日売命
  • 高木之入日賣【古事記】(たかいり)高木之入日売
  • 高城入姬命【先代旧事本紀】(たかいり)高城入姫命
生年月日
( ~ 応神天皇2年4月3日)
没年月日
(応神天皇2年4月3日 ~ )
先祖
  1. 品陀真若王
    1. 五百木之入日子命
      1. 景行天皇
      2. 八坂入媛命
    2. 志理都紀斗売
      1. 建伊那陀宿禰
      2. 玉姫
  2. 金田屋野姫命
    1. 建稲種命
      1. 乎止与命
      2. 真敷刀婢
    2. 玉姫
      1. 大荒田
配偶者
  • 応神天皇おうじんてんのう【日本書紀 巻第十 応神天皇二年三月壬子条】
  • 額田大中彦皇子ぬかたのおおなかつひこのみこ【日本書紀 巻第十 応神天皇二年三月壬子条】【父:応神天皇おうじんてんのう
  • 大山守皇子おおやまもりのみこ【日本書紀 巻第十 応神天皇二年三月壬子条】【父:応神天皇おうじんてんのう
  • 去来真稚皇子いざのまわかのみこ【日本書紀 巻第十 応神天皇二年三月壬子条】【父:応神天皇おうじんてんのう
  • 大原皇女おおはらのひめみこ【日本書紀 巻第十 応神天皇二年三月壬子条】【父:応神天皇おうじんてんのう
    • 大原皇子おおはらのみこ【先代旧事本紀 巻第八 神皇本紀 応神天皇二年四月壬子条】【父:応神天皇おうじんてんのう
  • 澇来田皇女こむくたのひめみこ【日本書紀 巻第十 応神天皇二年三月壬子条】【父:応神天皇おうじんてんのう
出来事
  • ( ~ 応神天皇2年4月3日)日本書紀では三月庚戌朔壬子。先代旧事本紀では四月庚戌朔壬子。暦の流れに合う四月を採用。【先代旧事本紀 巻第八 神皇本紀 応神天皇二年四月壬子条】

    応神天皇の妃となる。

    【日本書紀 巻第十 応神天皇二年三月壬子条】
関連