中臣勝海

名前
  • 氏(ウジ):中臣【日本書紀】(なかとみ)
  • 姓(カバネ):連【日本書紀】(むらじ)連
  • 名:勝海【日本書紀】(かつ)勝海
  • 中臣勝海大夫【日本書紀】(なかとみのかつみのまえつきみ, なかとみかつ)中臣勝海大夫
生年月日
( ~ 敏達天皇14年2月24日)
没年月日
用明天皇2年4月2日
出来事
  • 敏達天皇14年2月24日

    蘇我馬子が病を患う。

    【日本書紀 巻第二十 敏達天皇十四年二月辛亥条】
  • 敏達天皇14年3月1日

    物部弓削守屋大連と中臣勝海大夫が奏上して「どうして臣の言葉をお用いになられないのでございますか。先の天皇から陛下に及ぶまで、疫病が流行して国民が絶えようとしておりますのは、蘇我臣が仏法を広めたことによるものではないでしょうか」と。
    敏達天皇が詔して「明白である。仏法を断つように」と。

    【日本書紀 巻第二十 敏達天皇十四年三月丁巳朔条】
  • 敏達天皇14年8月15日

    敏達天皇が崩じる。

    【日本書紀 巻第二十 敏達天皇十四年八月己亥条】
  • 敏達天皇14年9月5日

    用明天皇が即位する。

    【日本書紀 巻第二十一 用明天皇即位前紀 敏達天皇十四年九月戊午条】
  • 用明天皇2年4月2日

    用明天皇は病にかかり宮に還った。群臣が侍った。
    天皇は群臣に詔して「朕は三宝に帰依しようと思う。卿らも議るように」と。群臣は入朝して議った。
    物部守屋大連と中臣勝海連が詔を違えて言うには「どうして国つ神に背いて他の神を敬うことがあろうか。元来このようなことは聞いたことが無い」と。
    蘇我馬子宿禰大臣が言うには「詔に従って助け奉るべきである。誰が異なる考えを生じようか」と。
    皇弟皇子(すめいろどのみこ)豊国法師を連れて内裏に入った。
    物部守屋大連は横目で睨んで激怒した。

    この時に押坂部史毛屎が慌ててやってきて、密かに大連に「いま群臣が謀って、あなたの退路を断とうとしています」と語った。
    大連はこれを聞き、阿都(あと)に退いて人を集めた。

    中臣勝海連は家に兵を集めて大連を助けた。
    遂に太子彦人皇子の像と竹田皇子の像を作って呪った。
    しばらくすると事の成り難いことを知り、帰って彦人皇子水派宮(みまたのみや)に附いた。

    舎人の迹見赤檮は勝海連が彦人皇子の所へ退くのを伺い、刀を抜いて殺した。

    【日本書紀 巻第二十一 用明天皇二年四月丙子条】