名前
  • 氏(ウジ):迹見迹見姓也。【日本書紀】
  • 姓(カバネ):首【日本書紀】(おびと)
  • 名:赤檮赤檮名也。【日本書紀】いちい, いち赤檮。此云伊知毘。
生年月日
( ~ 用明天皇2年4月2日)
没年月日
(用明天皇2年7月1日 ~ )
出来事
  • 用明天皇2年4月2日記事に二年夏四月乙巳朔丙子とあるが、乙巳を朔日とすると丙子(32日)は誤り。次の崩御記事が癸丑(9日)であるから丙午(2日)か壬子(8日)が候補か。当サイトでは丙午とする。

    押坂彦人大兄皇子の所へ向う中臣勝海を斬殺する。

    【日本書紀 巻第二十一 用明天皇二年四月丙子条】
  • 用明天皇2年7月

    諸皇子や蘇我馬子ら群臣が物部守屋を討伐した際に、朴の木の枝の間から雨のように矢を射る物部守屋を射殺する。

    平乱の後に田一万一代は百畝。を賜る。

    【日本書紀 巻第二十一 崇峻天皇即位前紀 用明天皇二年七月条】