遠智娘

このページは作成途上です

名前
  • 遠智娘【日本書紀】(おちのいらつめ, をちいらつ
  • 造媛【日本書紀】(みやつこ
  • 美濃津子娘【日本書紀】いらつ
  • 茅渟娘【日本書紀】(ちぬいらつ
  • 氏(ウジ):蘇我【日本書紀】が)
性別
女性
没年月日
(大化5年3月26日 ~ )
  • 蘇我倉山田石川麻呂そがのくらのやまだのいしかわのまろ【日本書紀 巻第二十五 大化五年三月是月条, 日本書紀 巻第二十七 天智天皇七年二月戊寅条】
先祖
  1. 蘇我倉山田石川麻呂
    1. 蘇我倉麻呂
      1. 蘇我馬子
      2. unknown
    2. unknown
  2. unknown
配偶者
  • 天智天皇てんじてんのう【日本書紀 巻第二十五 大化五年三月是月条, 日本書紀 巻第二十七 天智天皇七年二月戊寅条】
  • 大田皇女おおたのひめみこ【日本書紀 巻第二十七 天智天皇七年二月戊寅条】【父:天智天皇てんじてんのう
  • 鸕野皇女うののひめみこ持統天皇じとうてんのう【日本書紀 巻第二十七 天智天皇七年二月戊寅条】【父:天智天皇てんじてんのう
  • 建皇子たけるのみこ【日本書紀 巻第二十七 天智天皇七年二月戊寅条】【父:天智天皇てんじてんのう
出来事
  • (大化5年3月26日 ~ )

    皇太子の妃蘇我造媛は、父の大臣に斬られたと聞き、傷心して悲しみ悶えた。の名を聞くことを憎んだ。
    このため造媛の近侍は、塩の名を呼ぶことを忌み、改めて堅塩(きたし)と言った。

    造媛は遂に傷心して死に至ってしまった。
    皇太子は造媛の急逝を聞き、悼み哀しんで激しく泣いた。
    野中川原史満が進み出て歌を奉った。

    ()()()()() ()()()()()()() ()()()()() ()()()()()()() ()()()()()()()

    ()()()()() ()()()()()()() ()()()()() ()()()()()()() ()()()()()()()

    皇太子は歎き褒めて「良い歌だなぁ。悲しいなぁ」と言った。
    そして御琴を授けて唱和させ、絹四匹・布二十端・綿二褁を賜った。

    【日本書紀 巻第二十五 大化五年三月是月条】
  • 一男二女を生んだ。
    第一を大田皇女という。
    第二を鸕野皇女という。天下を治めるに至って飛鳥浄御原宮(あすかのきよみはらのみや)に坐し、後に宮を藤原(ふじわら)に移した。
    第三を建皇子という。言語不能であった。

    或本に云うには、
    遠智娘は一男二女を生んだ。
    第一を建皇子という。
    第二を大田皇女という。
    第三を鸕野皇女という。
    分注。

    或本に云うには、
    蘇我山田麻呂大臣の女の茅渟娘が生んだのは、
    大田皇女娑羅々皇女という。
    分注。

    【日本書紀 巻第二十七 天智天皇七年二月戊寅条】