物部二田塩

名前
  • 氏(ウジ):物部二田【日本書紀】(もふつた)
  • 氏(ウジ):二田【日本書紀】(ふつた)
  • 姓(カバネ):造【日本書紀】(みやつこ)
  • 名:鹽【日本書紀】(しお, しほ)塩
生年月日
( ~ 孝徳天皇5年3月26日)
没年月日
(孝徳天皇5年3月26日 ~ )
出来事
  • 大化5年3月26日

    木臣麻呂蘇我臣日向穂積臣噛が軍を率いて山田寺を囲んだ際に、経死した蘇我倉山田麻呂の首を斬るよう命じられる。

    二田塩は大刀を抜き、その肉を刺し挙げ、叫び声を上げて斬った。

    【日本書紀 巻第二十五 大化五年三月庚午条】
  • (大化5年3月26日 ~ )

    皇太子の妃蘇我造媛は、父の大臣が塩に斬られたと聞き、傷心して悲しみ悶えた。塩の名を聞くことを憎んだ。
    このため造媛の近侍は、塩の名を呼ぶことを忌み、改めて堅塩(きたし)と言った。

    【日本書紀 巻第二十五 大化五年三月是月条】