磐筒男

名前
  • 磐筒男【日本書紀】(いわつつのお, いはつつを, いわつつお, いはつつを)
  • 磐筒男命【日本書紀】(いわつつおのみこと, いはつつを, いわつつのおのみこと, いはつつ
  • 磐筒男神【日本書紀】(いわつつおのかみ, いはつつを, いわつつのおのかみ, いはつつ)磐筒男神
  • 石筒之男神【古事記】(いわつつのおのかみ, いはつつ)石筒之男神
先祖
  1. 磐裂根裂神
配偶者
  • 磐筒女いわつつのめ【日本書紀 巻第二 神代下第九段】
  • 経津主神ふつぬしのかみ【日本書紀 巻第二 神代下第九段】【母:磐筒女いわつつのめ
出来事
  • 磐裂根裂神の子として生まれる。

    【日本書紀 巻第二 神代下第九段】
    • 伊奘諾尊軻遇突智を斬った剣の先から滴る血がそそいで化生する。

      【日本書紀 巻第一 神代上第五段 一書第六】
    • 磐裂神根裂神との間に生まれる。

      【日本書紀 巻第一 神代上第五段 一書第七】
    • 伊邪那岐命十拳剣(とつかのつるぎ)迦具土神の頸を斬った。するとその刀の先に付いた血が岩石の群れに飛び散って成った神の名は石拆神。次に根拆神。次に石筒之男神の三神。
      斬った刀の名は天之尾羽張という。またの名を伊都之尾羽張という。

      【古事記 上巻】