名前
  • 磐筒女【日本書紀】(いわつつのめ, いはつつ, いわつつめ, いはつつ
  • 磐筒女命【日本書紀】(いわつつめのみこと, いはつつ, いわつつのめのみこと, いはつつ
  • 磐筒女神【日本書紀】(いわつつめのかみ, いはつつ, いわつつのめのかみ, いはつつ)磐筒女神
  • 磐裂根裂神いわさくねさくのかみ【日本書紀 巻第二 神代下第九段】
    • 磐裂神いわさくのかみ父か母かは不明だが便宜的に父とした。【日本書紀 巻第一 神代上第五段 一書第七】
  • ・・・
    • 根裂神ねさくのかみ父か母かは不明だが便宜的に母とした。【日本書紀 巻第一 神代上第五段 一書第七】
先祖
  1. 磐裂根裂神
配偶者
  • 磐筒男いわつつのお【日本書紀 巻第二 神代下第九段】
  • 経津主神ふつぬしのかみ【日本書紀 巻第二 神代下第九段】【父:磐筒男いわつつのお
子孫
  1. 経津主神
出来事
  • 磐裂根裂神の子として生まれる。

    【日本書紀 巻第二 神代下第九段】
    • 伊奘諾尊軻遇突智を斬った剣の先から滴る血がそそいで化生する。

      【日本書紀 巻第一 神代上第五段 一書第六 一云】
    • 磐裂神根裂神との間に生まれる。

      【日本書紀 巻第一 神代上第五段 一書第七】