蘆髪蒲見別王

名前
  • 蘆髮蒲見別王【日本書紀】(あしかかま)蘆髪蒲見別王
  • 蒲見別王【日本書紀】(かま
  • 足鏡別王【古事記】(あしかが
  • 葦敢竈見別命【先代旧事本紀】
キーワード
  • 鎌倉之別(かまくらのわけ)小津(おづ)石代之別(いわしろのわけ)漁田之別(いさりだのわけ)之祖【古事記 中巻 景行天皇段】
  • 竈口君(かまくちのきみ)等祖【先代旧事本紀 巻第七 天皇本紀 成務天皇四十八年三月庚辰朔条】
性別
男性
没年月日
仲哀天皇元年閏11月4日
  • 日本武尊やまとたけるのみこと倭建命やまとたけるのみこと【日本書紀 巻第八 仲哀天皇元年閏十一月戊午条, 古事記 中巻 景行天皇段, 先代旧事本紀 巻第七 天皇本紀 成務天皇四十八年三月庚辰朔条】
  • 山代之玖玖麻毛理比売やましろのくくまもりひめ日本書紀では、仲哀天皇の異母弟とあるのみ。【古事記 中巻 景行天皇段】
    • 弟橘媛おとたちばなひめ【先代旧事本紀 巻第七 天皇本紀 成務天皇四十八年三月庚辰朔条】
先祖
  1. 日本武尊
    1. 景行天皇
      1. 垂仁天皇
      2. 日葉酢媛命
    2. 播磨稲日大郎姫
      1. 若建吉備津日子
      2. unknown
  2. 山代之玖玖麻毛理比売
出来事
  • 仲哀天皇元年閏11月4日

    越国(こしのくに)から白鳥四羽を献上する為に、鳥を送る使者が菟道河(うじがわ)のほとりに宿った。
    時に蘆髪蒲見別王はその白鳥を見て「どこに持っていく白鳥か」と尋ねた。
    越の人は「天皇が父王を恋しく思われて、飼いならそうとしていますので献上するのです」と答えた。
    蒲見別王は越の人に「白鳥といえども、焼けば黒鳥になる」と言った。そして強引に白鳥を奪って持ち去った。
    越の人は参上して報告した。
    天皇は蒲見別王の先王への無礼を憎み、兵を遣わして殺した。

    【日本書紀 巻第八 仲哀天皇元年閏十一月戊午条】