弟橘媛

名前
  • 弟橘媛【日本書紀】(おたちばな
  • 弟橘姬校異【日本書紀】(おたちばな)弟橘姫
  • 弟橘比賣命【古事記】(おたちばな)弟橘比売命
  • 弟媛校異【先代旧事本紀】(お
性別
女性
没年月日
(景行天皇40年10月7日 ~ 景行天皇41年)
  • 忍山宿禰おしやまのすくね【日本書紀 巻第七 景行天皇四十年是歳条】
先祖
  1. 忍山宿禰
配偶者
  • 日本武尊やまとたけるのみこと【日本書紀 巻第七 景行天皇四十年是歳条】
  • 稚武彦王わかたけひこのみこ【日本書紀 巻第七 景行天皇五十一年八月壬子条, 先代旧事本紀 巻第七 天皇本紀 成務天皇四十八年三月庚辰朔条】【父:日本武尊やまとたけるのみこと倭建命やまとたけるのみこと)】
  • 稲入別命いないりわけのみこと【先代旧事本紀 巻第七 天皇本紀 成務天皇四十八年三月庚辰朔条】【父:日本武尊やまとたけるのみこと
  • 武養蚕命たけこかいのみこと【先代旧事本紀 巻第七 天皇本紀 成務天皇四十八年三月庚辰朔条】【父:日本武尊やまとたけるのみこと
  • 葦敢竈見別命【先代旧事本紀 巻第七 天皇本紀 成務天皇四十八年三月庚辰朔条】【父:日本武尊やまとたけるのみこと倭建命やまとたけるのみこと)】
  • 息長田別命おきながたわけのみこと【先代旧事本紀 巻第七 天皇本紀 成務天皇四十八年三月庚辰朔条】【父:倭建命やまとたけるのみこと
  • 五十目彦王命いめひこのみこのみこと【先代旧事本紀 巻第七 天皇本紀 成務天皇四十八年三月庚辰朔条】【父:日本武尊やまとたけるのみこと
  • 伊賀彦王いがひこのみこ【先代旧事本紀 巻第七 天皇本紀 成務天皇四十八年三月庚辰朔条】【父:日本武尊やまとたけるのみこと
  • 武田王たけたのみこ【先代旧事本紀 巻第七 天皇本紀 成務天皇四十八年三月庚辰朔条】【父:日本武尊やまとたけるのみこと
  • 佐伯命さえきのみこと【先代旧事本紀 巻第七 天皇本紀 成務天皇四十八年三月庚辰朔条】【父:日本武尊やまとたけるのみこと
出来事
  • 日本武尊の妃となる。

    【日本書紀 巻第七 景行天皇五十一年八月壬子条】
  • (景行天皇40年10月7日 ~ 景行天皇41年)

    日本武尊上総(かみつふさ)に入ろうとした。
    海を望み、高らかに言うには「このような小さな海など跳んで渡れるだろう」と。
    しかし海中で暴風が忽ちに起り、王船は漂って渡ることが出来なかった。
    時に王に従う妾がいた。弟橘媛という。穂積氏の忍山宿禰の女である。
    弟橘媛が王に言うには「風が起り、浪は速く、王船は沈もうとしています。これはきっと海神(わたつみ)の仕業で御座います。賤しい私の身を王の命に代えて海に入ります」と。
    言い終わると波を押し分けて入っていった。すると暴風は止み、船は着岸できた。
    それで時の人はその海を名付けて馳水(はしるみず)という。

    【日本書紀 巻第七 景行天皇四十年是歳条】
    • 走水海(はしりみずのうみ)を渡る時、その渡しの神が浪を起こして船を回したため、進むことが出来なかった。
      そるとその后、名は弟橘比売命が言うには「私が御子の為に海の中に入ります。御子は遣わされた任務を成し遂げてご報告なさいませ」と。
      まさに海に入るときに菅畳八重・皮畳八重・絁畳八重を波の上に敷き、その上に下りた。すると荒波は静まり、船は進むことが出来た。
      そこでその后が歌った。

      ()()()() ()()()()()()() ()()()()() ()()()()()()() ()()()()()()()

      それから七日後。その后の御櫛が海辺に流れ着いた。その櫛を取り、陵を造って納めた。

      【古事記 中巻 景行天皇段】