名前
  • 新漢人日文「日文」ではなく「旻」かもしれない。【日本書紀】(いまあやにちもん)新漢人日文
  • 新漢人白文校異【日本書紀】(いまあやびゃくもん)新漢人白文
  • 僧旻【日本書紀】(そうみん)
  • 旻師【日本書紀】(みんし)
生年月日
( ~ 推古天皇16年9月11日)
没年月日
(舒明天皇11年1月25日 ~ )
出来事
  • 推古天皇16年9月11日

    隋客裴世清の帰国に学問僧として同行する。

    【日本書紀 巻第二十二 推古天皇十六年九月辛巳条】
  • 舒明天皇4年8月

    唐から帰国して対馬に泊る。

    【日本書紀 巻第二十三 舒明天皇四年八月条】
  • 舒明天皇9年2月23日

    大きな星が東から西に流れた。その時の音が雷に似ていた。
    時の人は「流星の音だ」と言った。または「地雷(つちのいかずち)だ」と言った。
    僧旻が言うには「流星ではない。これは天狗である。その吠声が雷に似ているだけだ」と言った。

    【日本書紀 巻第二十三 舒明天皇九年二月戊寅条】
  • 舒明天皇11年1月25日

    長い星が西北に見えた。
    旻師は「彗星である。これが見えると凶作になる」と言った。

    【日本書紀 巻第二十三 舒明天皇十一年正月己巳条】