渟名城入姫命

名前
  • 渟名城入姬命【日本書紀】(ぬないり)渟名城入姫命
  • 渟中城入姬命校異【日本書紀】(ぬないり)渟中城入姫命
  • 渟名城入姬【日本書紀】(ぬないり)渟名城入姫
  • 渟名城稚姬命【日本書紀】(ぬなわか)渟名城稚姫命
  • 沼名木之入日賣命【古事記】(ぬないり)沼名木之入日売命
  • 中城入姬命校異【先代旧事本紀】(なかいり)中城入姫命
  • 渟中城入彥命校異【先代旧事本紀】(ぬないり)渟中城入彦命
性別
女性
生年月日
( ~ 崇神天皇6年12月29日)
没年月日
(崇神天皇6年12月29日 ~ )
  • 崇神天皇すじんてんのう【日本書紀 巻第五 崇神天皇元年二月丙寅条】
  • 尾張大海媛おわりのおおしあまひめ【日本書紀 巻第五 崇神天皇元年二月丙寅条】
先祖
  1. 崇神天皇
    1. 開化天皇
      1. 孝元天皇
      2. 鬱色謎命
    2. 伊香色謎命
      1. 大綜麻杵
      2. 高屋阿波良姫
  2. 尾張大海媛
    1. 建宇那比命
      1. 建斗米命
      2. 中名草姫
    2. 節名草姫
出来事
  • 崇神天皇の皇女として生まれる。母は尾張大海媛

    【日本書紀 巻第五 崇神天皇元年二月丙寅条】
  • ( ~ 崇神天皇6年12月29日)崇神天皇6年以前か。

    崇神天皇日本大国魂神を渟名城入姫命に託して祭った。
    しかし渟名城入姫は髪が落ち、体が痩せて祭ることが出来なかった。

    【日本書紀 巻第五 崇神天皇六年条】
    • 倭大神大水口宿禰に神憑り、教えて言うには「初めの時に約束して『天照大神は全ての天原を治めた。皇孫は葦原中国(あしはらなかつくに)八十魂神(やそたまのかみ)を治めた。私は大地官(おおちつかさ)を治めよう』と言った。先皇御間城天皇崇神天皇は神祇の祭祀を行ったが、詳しくその根源を探られずに、疎かに枝葉に留まっていた。それでその天皇は命が短かった。今あなた様は先皇の及ばなかったところを悔い、慎しんでお祭れすれば、あなた様の寿命は長く、また天下は太平であろう」と。
      垂仁天皇はこの言葉を聞いて、探湯主に命じて占わせた。誰を以って大倭大神を祭らせるかと。
      すると渟名城稚姫命が占いに出た。
      よって渟名城稚姫命に命じて、神地(かんどころ)穴礒邑(あなしのむら)に定め、大市(おおち)長岡岬(ながおかのさき)に祀った。
      しかしこの渟名城稚姫命は既に身体が痩せ細り、祭ることができなかった。

      【日本書紀 巻第六 垂仁天皇二十五年三月丙申条 一云】