倭大国魂神

名前
  • 倭大國魂神【日本書紀】(やまとのおおくにたまのかみ, やまおほくにたま)倭大国魂神
  • 和大國魂神校異【日本書紀】(やまとのおおくにたまのかみ, やまおほくにたま)和大国魂神
  • 日本大國魂神【日本書紀】(やまとのおおくにたまのかみ, やまおほくにたま)日本大国魂神
  • 倭大國魂【日本書紀】(やまとのおおくにたま, やまおほくにたま)倭大国魂
  • 和大國魂校異【日本書紀】(やまとのおおくにたま, やまおほくにたま)和大国魂
  • 和國魂神校異【日本書紀】(やまくにたま)和国魂神
  • 倭大神【日本書紀】(やまとのおおかみ, やまおほか)倭大神
  • 大倭大神【日本書紀】(おおやまとのおおかみ, おほやまおほか)大倭大神
出来事
  • ( ~ 崇神天皇6年12月29日)崇神天皇6年以前か。

    崇神天皇は日本大国魂神を渟名城入姫命に託して祭った。
    しかし渟名城入姫は髪が落ち、体が痩せて祭ることが出来なかった。

    【日本書紀 巻第五 崇神天皇六年条】
  • 崇神天皇7年11月8日

    市磯長尾市が倭大国魂神の祭主となる。

    【日本書紀 巻第五 崇神天皇七年十一月己卯条】
  • ・・・
    • 垂仁天皇倭姫命御杖(みつえ)として天照大神に奉った。
      倭姫命天照大神磯城(しき)の神木の本に祀った。
      然る後に、神の教えに従って丁巳年の冬十月の甲子の日垂仁天皇26年10月18日。甲子を甲午とする写本あり。に伊勢国の渡遇宮(わたらいのみや)に遷した。
      この時に、倭大神が大水口宿禰に神憑り、教えて言うには「初めの時に約束して『天照大神は全ての天原を治めた。皇孫は葦原中国(あしはらなかつくに)八十魂神(やそたまのかみ)を治めた。私は大地官(おおちつかさ)を治めよう』と言った。先皇御間城天皇崇神天皇は神祇の祭祀を行ったが、詳しくその根源を探られずに、疎かに枝葉に留まっていた。それでその天皇は命が短かった。今あなた様は先皇の及ばなかったところを悔い、慎しんでお祭れすれば、あなた様の寿命は長く、また天下は太平であろう」と。
      天皇はこの言葉を聞いて、探湯主に命じて占わせた。誰を以って大倭大神を祭らせるかと。
      すると渟名城稚姫命が占いに出た。
      よって渟名城稚姫命に命じて、神地(かんどころ)穴礒邑(あなしのむら)に定め、大市(おおち)長岡岬(ながおかのさき)に祀った。
      しかしこの渟名城稚姫命は既に身体が痩せ細り、祭ることができなかった。それで長尾市宿禰に命じて祭らせた。

      【日本書紀 巻第六 垂仁天皇二十五年三月丙申条 一云】
関連